Slider Tag

『楽天・全世界株式』『EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式』投資対象の海外ETFの特徴は?(VTとSCHB、SPDW、SPEM)

投資対象の海外ETFの特徴は?
投資対象の海外ETFの特徴は?

楽天・全世界株式インデックス・ファンド』と『EXE-i つみたて グローバル(中小型含む)株式ファンド』それぞれの実質的な投資対象である海外ETFの特徴と運用実績を比較してみました。

投資対象ファンドとその概要

楽天・全世界株式インデックス・ファンドとEXE-i つみたて グローバル(中小型含む)株式ファンド概要

実質コストはまだ不明ですが、投資対象ファンドの管理報酬等を含めた信託報酬(運用管理費用)『EXE-i つみたて グローバル(中小型含む)株式ファンド』のほうが安価です。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF、シュワブ U.S. ブロード マーケットETF、SPDR ポートフォリオ・ワールド(除く米国) ETF、SPDR ポートフォリオ・エマージングマーケッツ ETF概要
楽天のETFは2017年10月末現在 EXE-iのETFは2017年9月末現在
(EXE-iのETFの純資産総額のみ2017年11月17日現在)

純資産総額組入銘柄数では『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の投資対象のETFのほうが上回っています。

経費率では『EXE-i つみたて グローバル(中小型含む)株式ファンド』の投資対象であるETFの加重平均のほうがより低廉です。

『EXE-i つみたて グローバル(中小型含む)株式ファンド』は、指数の指定されたつみたてNISAに対応させるためもあってか、「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」をベンチマークとしています。

ところが組み入れられているETFのベンチマークは3つとも「FTSE」とは異なるので、『EXE-i つみたて グローバル(中小型含む)株式ファンド』は掲げているベンチマークとの連動性にはやや難があるかもしれません。

組入上位10ヵ国と組入れ上位10銘柄

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFの組入上位10ヵ国と組入れ上位10銘柄
2017年10月末現在

『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の投資対象であるETFでは米国が全体のおよそ半分を占めています。新興国は9.4%です。

『EXE-i つみたて グローバル(中小型含む)株式ファンド』は、3つのETFを米国50%:米国以外の先進国40%:新興国10%の割合で組み合わせています。

シュワブ U.S. ブロード マーケットETFの組入上位10銘柄
2017年11月17日現在

上の表は米国に投資するETFの上位10銘柄です。

SPDR ポートフォリオ・ワールド(除く米国) ETFの上位10ヵ国と上位10銘柄
2017年11月16日現在

上の表は米国を除く先進国に投資するETFの上位10ヵ国と上位10銘柄です。

SPDR ポートフォリオ・エマージングマーケッツ ETFの上位10ヵ国と上位10銘柄
2017年11月16日現在

上の表は新興国に投資するETFの上位10ヵ国と上位10銘柄です。

成績比較

2017年10月末現在の平均年次リターン(NAV 大引け時基準価額で算出)

上記の期間の平均年次リターン(米ドルベース)では、あくまで参考値ですが、3年と5年では『EXE-i つみたて グローバル(中小型含む)株式ファンド』が投資対象にしているETFの組み合わせが僅差で上回り、直近1年では『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』が投資対象にしているETFが辛勝しています。

過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません。

まとめ

楽天・全世界株式インデックス・ファンド』と『EXE-i つみたて グローバル(中小型含む)株式ファンド』どちらも、経費率の低い海外ETFを利用することで既存の全世界株式インデックスファンドに比べ信託報酬率の大幅な引き下げを実現しています。

投資信託一本で世界各国の株式にまとめて投資できるのは魅力的ですよね。預貯金や個人向け国債など安全資産とのリバランスは欠かせませんが、複数の投資信託を保有するよりは手間も減ります。

設定されて間もない『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の初回の月報で、ベンチマークからのかい離が目立っていたのは気になるところでしょうか。投資対象ファンドである海外ETFの規模が大きくても、投資信託の運用成績が安定するまで多少時間がかかるかもしれませんね。

海外ETFを利用してインデックスファンドの低コスト化に先鞭をつけた既存の『EXE-i』シリーズも運用成績が期待したほどではないとささやかれた時期がありました。

『EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド』の出足の成績を楽天・全世界株式や野村つみたて外国株等と比較
EXE-iつみたてグローバル株式や楽天・全世界株式より低コスト!EXE-iつみたて先進国株式+新興国株式の特徴と実績は?
EXE-i先進国株式・新興国株式・グローバル中小型株式の特徴と成績をたわらやニッセイと比較
『EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド』をeMAXIS Slimやひふみプラスの組み合わせと比較
『EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド』を野村つみたて外国株投信とeMAXIS Slimやひふみプラスの組み合わせと比較




関連記事
SBI証券「つみたてNISA取扱商品」株式とバランス型に分類し安い順に並替 楽天・全世界株、全米株もあり
信託報酬0.1155%『EXE-i つみたて 先進国株式ファンド』の特徴は?eMAXIS Slim 先進国株式と比較
国内、先進国、新興国に均等配分『ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)』を楽天・全世界株式等と比較
ゆうちょ銀行つみたてNISA対象『セゾン資産形成の達人ファンド』を先進国株式投信等と比較
『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』出足の成績は最下位!?競合する全世界株式投信と比較
『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』を野村つみたて外国株投信とeMAXIS Slimやひふみプラスの組み合わせと比較
『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』をeMAXIS Slimやひふみプラスの組み合わせと比較
『楽天・全世界株式』『楽天・全米株式』ベンチマークからのかい離が大きめ?ライバルとの差は縮小中
『楽天・新興国株式』『EXE-iつみたて新興国株式』投資対象の海外ETFの特徴と成績は?(VWOとSCHE)
つみたてNISA対象投信比較『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』『野村つみたて外国株投信』
つみたてNISA対象投信比較『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』『楽天・全米株式インデックス・ファンド』
投資先の海外ETFの特徴は?『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』『楽天・全米株式インデックス・ファンド』(VTとVTI)
新設定『楽天・新興国株式インデックス・ファンド』の投資先ETFの特徴を『楽天・全世界株式』と比較(VWOとVT)

楽天Kobo臆病な人でもうまくいく投資法 お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話【電子書籍】[ 竹川美奈子 ]
Amazon Kindleはじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本【電子書籍】[ 竹内弘樹 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログのリンク集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログのリンク集
ブログ村 資産運用
資産運用が話題のブログのリンク集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング