2017年9月12日火曜日

『iFree』や『たわら』が信託報酬を引き下げ!国内株式(TOPIX)投信をニッセイやeMAXIS Slim等と比較

鼓門(金沢駅)
鼓門(金沢駅)

『iFree』シリーズのうち6ファンドの運用管理費用(信託報酬率)の引き下げ(PDF)が発表されました。『たわらノーロード』シリーズも信託報酬の一部引き下げ(PDF)を発表しています。

引き下げ対象ファンド(※)のうち国内株式(TOPIX)インデックスファンドである『iFree TOPIXインデックス』と『たわらノーロード TOPIX』の特徴と運用実績を競合する他のファンドと比較しながら簡単にまとめてみました。

比較の対象は『<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド』、『eMAXIS Slim 国内株式インデックス』、『三井住友・DC日本株式インデックスファンドS』の3つです。

※ 2018年から始まる「つみたてNISA」に対応させるには株式を含むことも要件の一つですが、『たわらノーロード』は債券やリート(不動産投資信託)といった「つみたてNISA」対象外のファンドも合わせて信託報酬を引き下げています。

『iFree』シリーズと『たわらノーロード』シリーズ信託報酬(運用管理費用)引き下げ一覧

三井住友・DC日本株式インデックスファンドS』も、2017年9月21日から信託報酬(年率)を従来の税抜0.19%から税抜0.16%に引き下げる予定です。ファンド名も『三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド』に変更になります。確定拠出年金(DC)専用のファンドではなく一般販売もされています。

国内株式(TOPIX)インデックスファンドの特徴

iFree TOPIXインデックス』や『たわらノーロード TOPIX』など、今回取り上げる国内株式(TOPIX)インデックスファンドは、東証一部上場の全銘柄を対象にした東証株価指数(TOPIX)に連動する投資成果をめざします。

同指数は2017年8月末現在、2,020銘柄で構成されています。インデックスファンドの実際の組入銘柄数は『iFree TOPIXインデックス』の1,488銘柄(先物を除く)から『eMAXIS Slim 国内株式インデックス』の2,019銘柄まで幅があります(2017年8月末月報より)。

『iFree TOPIXインデックス』組入上位10銘柄・業種
『iFree TOPIXインデックス』組入上位10銘柄・業種(2017年8月末月報より)

今回取り上げたファンドの信託期間はすべて無期限です。

国内株式(TOPIX)インデックスファンドの成績

『iFree TOPIXインデックス』、『たわらノーロード TOPIX』、『<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド』、『eMAXIS Slim 国内株式インデックス』、『三井住友・DC日本株式インデックスファンドS』のコストと成績表
2017年9月11日現在 過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません

過去1年の騰落率は僅差ですが、以下のような成績順でした。

iFree > 三井住友 > ニッセイ

『たわらノーロード TOPIX』と『eMAXIS Slim 国内株式インデックス』は運用期間がまだ1年に達していませんが、過去3カ月、過去6カ月の騰落率では他のファンドに見劣りしていません。

信託報酬の引き下げ分(税込)を騰落率に上乗せすると、下の表のようになります(小数点以下4桁まで表示)。実際には引き下げ分がそのまま単純に騰落率に反映されるとは限りません。

『iFree TOPIXインデックス』、『たわらノーロード TOPIX』、『<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド』、『eMAXIS Slim 国内株式インデックス』、『三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド』のコストと成績表(予想を含む)

まとめ

最近はインデックスファンドの一層の低コスト化が進んでいますが、国内株式インデックスファンドに関しては、もうそろそろ値下げも限界に近いでしょうか。運用成績も極端な差はなく、どれも僅差です。

もっとも、2016年はチャイナショックやイギリスのEU離脱騒動など相場が荒れ模様だったので、過去1年の騰落率はかなり高めの数字になっていることに注意してください。過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません。

「つみたてNISA」をきっかけにインデックス投資の認知度もあがるでしょうか。投資には個別企業の株式を直接売買するほかに、比較的低コストなインデックスファンドを組み合わせて内外の株式や債券市場まるごと購入して、ほどほどの成果(市場平均)をめざすという方法があることも、もっと知られるようになるといいですね。

関連記事
Q&A「つみたてNISA」ってどんな制度?投信を毎月買わないとダメ?一般NISAとつみたてNISAは併用できる?
日経平均株価25年ぶり高値 最近の日本株投信の成績を先進国株、新興国株、米国株と比較
つみたてNISA対象『コモンズ30ファンド』『ひふみプラス』の特徴は?インデックス投信と成績比較
TOPIXより好成績?つみたてNISA対象アクティブ投信『年金積立 Jグロース』をひふみプラス等と比較
TOPIXを上回る成果が目標!つみたてNISA対象『大和住銀DC国内株式ファンド』をひふみプラス等と比較
TOPIXを上回る成績が目標!つみたてNISA対象『ニッセイ日本株ファンド』をひふみプラス等と比較
信託報酬引き下げ!株式投信比較 eMAXIS Slim、<購入・換金手数料なし>、たわらノーロード
<購入・換金手数料なし>シリーズが信託報酬を引き下げ!ニッセイ日経平均・TOPIXをたわらと比較
『iFree』や『たわら』が信託報酬を引き下げ!国内株式(日経225)投信をニッセイやインデックスeと比較
『iFree』や『たわら』が信託報酬を引き下げ!先進国株式投信をニッセイやeMAXIS Slimと比較
『iFree』や『たわら』が信託報酬を引き下げ!先進国株式投信(為替ヘッジあり)をFunds-iやi-mizuhoと比較
『たわら』が信託報酬を引き下げ!新興国株式投信をやeMAXIS SlimやiFree、EXE-i等と比較
『たわら』が信託報酬を引き下げ!内外の債券投信をiFreeやニッセイ、eMAXIS Slim等と比較
『たわら』が信託報酬を引き下げ!内外のREIT投信をiFreeやニッセイ、三井住友と比較
信託報酬の引き下げが発表された『iFree 8資産バランス』を8資産均等型や世界経済IFと比較
ひふみ投信より好成績だけど値動きはジェットコースター!?『日本新興株オープン』の特徴は?
ひふみプラスより好成績?『三井住友・中小型株ファンド』をジェイリバイブやTOPIXと比較
確定拠出年金にも対応 TOPIXより好成績?『みのりの投信』をひふみプラスやジェイリバイブと比較

楽天Kobo全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド【電子書籍】[ 山崎元 ]
Amazon Kindle業界地図の見方が変わる! 無名でもすごい超優良企業【電子書籍】[ 田宮寛之 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログのリンク集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログのリンク集
ブログ村 家計管理・貯蓄
家計管理・貯蓄が話題のブログのリンク集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング