Q&A「つみたてNISA」ってどんな制度?投信を毎月買わないとダメ?一般NISAとつみたてNISAは併用できる?

つみたてNISAって、どんな制度?
Q&A「つみたてNISA」ってどんな制度?

2018年1月からスタートする、新しい少額投資非課税制度である「つみたてNISA」について、Q&A(質問と回答)形式で簡単にまとめてみました

「つみたてNISA」をきっかけにインデックス投資の認知度もあがるでしょうか。投資というと企業の株式を直接売買するやり方が思い浮かべられがちかもしれませんね。

比較的低コストなインデックス投信を使って内外の株式や債券市場まるごと購入して、ほどほどの成果(市場平均)をめざすという方法があることも、もっと知られるようになるといいですね。

つみたてNISAって、どんな制度?

つみたてNISA Q&A

つみたてNISA」では長期(20年)の積立・分散投資に適した投資信託を年間40万円まで非課税(20.315%→0%)で投資できます。まとまったお金がなくても毎月一定額(例えば1万円、5千円など)を積み立てていくことができます。

非課税投資枠の取扱い
2037年まで毎年40万円×20年の非課税投資枠が設定される
出典:金融庁 http://www.fsa.go.jp/index.html

低コストなインデックス投信が中心(※)にすえられています。株式を含むことも条件とされていて、内外の株式と債券に分散投資するバランス投信や日経225等の株式インデックス投信が対象商品になっています。

高コストが運用成績の重荷になりがちなアクティブ運用投信は、例外的に、継続して投資家に支持・選択され、規模が着実に拡大しているもののみ対象です。

※ インデックス投信とは、特定の指数の値動きに連動する投資成果をめざす投資信託のことです。少額でも多くの銘柄に分散投資できます。

例えばMSCIコクサイという指数に連動する先進国株式インデックス投信であれば、日本を除く世界の主要先進国22ヵ国の1,300銘柄以上にまとめて投資できます(2017年8月末現在)。

つみたてNISAのよくある質問と回答

つみたてNISAのよくある質問と回答

金融庁の資料を参考にしていますが、制度上は可能でも金融機関のシステムが対応していないと無理なこともあるので、詳細は各金融機関にお尋ねください。

質問1:毎月、投資信託を買わないとダメですか?

回答:「定期的に継続して」買付けを行うことが原則ですが、制度上は毎月に限らず2カ月に1回や年2回のボーナス月のみも想定されています。

逆に毎営業日や週に1回など、もっと頻繁に買付けることも想定されています。

質問2:一回当たりの買付金額に上限はありますか?

回答:年間の非課税投資枠(40万円)の範囲内で「一定額ずつ」買付けを行うのが原則です。40万円を1年あたりの買付回数で割った金額が上限です。

例えば、毎月、買付けを行う場合には、上限は33,333円です。年に2回のボーナス時のみ買付けを行う場合には、上限は20万円です。

質問3:分配金の再投資はできますか?

回答:年間の非課税投資枠(40万円)の範囲内であれば再投資可能です。40万円を超えてしまう分は、課税口座での買付けとすることも可能です。

質問4:現行の一般NISAから、つみたてNISAに変更する場合、保有している商品はどうなりますか?

回答:すでに現行の一般NISAで保有している商品については最長5年間はそのまま非課税で保有可能です。

保有しているNISA商品が課税扱いになったり、売却しなければならないといったことはありません。

ただし、一般NISAから、つみたてNISAに商品を移すことはできません

つみたてNISAと一般NISA比較

※ 一般NISAは5年間の非課税期間が終わったら、翌年の新たな非課税投資枠に移して(ロールオーバーして)継続保有することもできます(5年+5年=10年)。

質問5:一般NISAと、つみたてNISAは同時に併用できますか?

回答:一般NISAと、つみたてNISAの選択制は、これから新規で買い付ける商品をどちらのNISAで受け入れるか選択するという趣旨です。

年ごとにどちらか選択可能ですが、同時に併用することはできません

つみたてNISA対象商品について、もっと詳しく

つみたてNISAの対象商品の要件

インデックス投信の場合、「つみたてNISA」では、購入時や解約時の手数料(信託財産留保額を除く)が無料信託報酬(運用管理費用)は国内資産が対象であれば年率で税抜0.5%以下海外資産が対象であれば年率で税抜0.75%以下とされています。

費用負担の実額を通知すること、信託契約期間が無期限または20年以上、分配の頻度が毎月でないことなども条件です。

ETFは証券取引所に上場され、株式と同じように取引時間中であれば相場の動きを見ながらリアルタイムで売買ができる投資信託です。

以前は信託報酬が安いことも魅力の一つだったのですが、最近は非上場のインデックス投信でも信託報酬が年率で0.1~0.2%台という廉価なものも登場しています。

「つみたてNISA」の具体的な商品については下の記事などを参考にしてください。

金融庁が「つみたてNISA対象商品届出一覧」公表 各指数で信託報酬が最安値の投資信託は?

楽天証券「つみたてNISA取扱商品」株式とバランス型に分類し信託報酬の安い順に並び替えてみました

SBI証券「つみたてNISA取扱商品」株式とバランス型に分類し安い順に並替 楽天・全世界株、全米株もあり

参考資料

「つみたてNISA」については金融庁のリーフレット(PDF)や「つみたてNISA早わかりガイドブック」(PDF)がわかりやすいです。

制度が導入された背景も含めて詳しく知りたい場合は「導入直前!「つみたてNISA」の制度説明」(PDF)を参照してください。

積立投資を始める前に、ちょっとしたアドバイス

ささやかな節約でも積み重なると大きなチャンスになるかもしれないという記事と、積立投資を成功させるためには継続が大事という記事です。

ラテマネー 朝やお昼の100円コーヒーのかわりに投資信託を10年積み立てたら、いくらになる?

インデックスファンドによる積立投資で成果を得るために乗り越えるべき3つのハードルとは?

積立投資は赤字のほうがうまくいく?波乱の相場で赤字続きだった2016年NISAの積立投資を振り返る

投資信託をどう活用する?

「つみたてNISA」に限らず投資信託のシンプルな活用法について、まとめてみました。

NISA iDeCo シンプルに投資信託一本で行くなら 先進国株式インデックス投信で攻める?

NISA iDeCo シンプルに投資信託一本で行くなら 全世界株式インデックス投信で欲張ってみる?

NISA iDeCo シンプルに投資信託一本で行くなら 定番のバランス型投信を選ぶ時のポイントは?




こぼれ話
楽天証券では投資信託をスポット購入でも積み立てでも100円から購入可能です。また楽天グループの「楽天スーパーポイント」(期間限定ポイントは除く)で投資信託を購入できるようになりました。

少額かつポイントでお試しできるなら、投資が身近になりますね。手軽に投資できるようになっても将来の運用成績までは保証してくれないので、結果については自己責任という原則は忘れないようにしたいです。



関連記事
Q&A「NISAで金融機関の変更は可能?つみたてNISAで金融機関を変えたら今まで投資していた分はどうなるの?」

Q&A「もし証券会社が倒産したら預けている株式や投資信託はどうなるの?」

2018年1月開始のつみたてNISAの非課税期間は20年 始めるのが遅いとその分期間が短くなる?正解は…

つみたてNISAの非課税期間は20年間 20年以内に売らないと非課税ではなくなるの?正解は…

「つみたてNISA」投資信託が多すぎて選べない?バランス投信の4、6、8資産均等型の特徴を比較

つみたてNISAは2056年まで eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の国内資産比率の高さは心配?

つみたてNISAは普及する?インデックス投資でコツコツ積み立てて含み益が150万円になりました

Home

楽天Koboお金は寝かせて増やしなさい【電子書籍】[ 水瀬ケンイチ ]

Amazon Kindle税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門【電子書籍】[ 竹川美奈子 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ集
ブログ村 資産運用
資産運用が話題のブログ集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

0 件のコメント