7~9月の年金運用は4兆円超の黒字 資産配分をお手本にするなら?今週の値動きとNISA口座(171105)

今週のニュースと値動き NISA口座の損益は?

気になるニュース

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の発表(PDF)によると、平成29年度第2四半期(7~9月)の年金積立金の運用実績+2.97%(4.45兆円の黒字)でした。

平成29年度第2四半期運用状況
平成29年度第2四半期運用状況

ちなみに同期間(2017年7月3日~同年9月29日)のバランスファンドの騰落率は、『<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)』が+2.96%、『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』が+2.95%、『世界経済インデックスファンド』が+4.06%でした。

年金積立金の平成29年9月末の資産構成は下のグラフのようになっています。

年金積立金の資産構成
年金積立金の資産構成

基本ポートフォリオ国内債券35%(±10%)、国内株式25%(±9%)、外国債券15%(±4%)、外国株式25%(±8%)です。()内は乖離許容幅です。

野村アセットマネジメントの投信アシストのポートフォリオ分析で基本ポートフォリオに従って構成すると、2003年3月31日~2017年10月31日までのリターン(年率)は5.5%リスクは9.4%です。

年金積立金準拠ポートフォリオのリターン(年率)とリスク(年率)
年金積立金準拠ポートフォリオ 2003年3月31日~2017年10月31日
過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません

国内株式や外国株式に比べリターンは控えめですが、その分、変動リスクが小さくなっているのがわかりますね。

このデータは年金積立金の資産構成をお手本にしたものですが、完全に一致したものではない点に注意してください(年金は外国株式に先進国だけでなく新興国の株式も含み、また一部アクティブ運用も含むなど)。

国内株式…東証株価指数(TOPIX)
外国株式…先進国株式ならMSCIコクサイ・インデックス(円換算・為替ヘッジなし)※ 年金により近づけるなら全世界株式のMSCI ACWI(除く日本、円換算・為替ヘッジなし)
国内債券…NOMURA-BPI総合
外国債券…シティ世界国債インデックス(除く日本、円換算・為替ヘッジなし)

年金積立金の運用にならって堅実に運用したいなら各指数に連動するインデックスファンド(イーマクシス スリムたわらニッセイなど)を年金と同じ比率で購入するか、手間の少ない4資産均等型のバランスファンドを利用するのも一案でしょうか。

業務概況書に見る年金運用の疑問と回答「運用に失敗すると年金がもらえなくなる?」
業務概況書に見る年金運用の疑問と回答!?「株主優待はどうしてるの?職員で山分け?」
年金の運用成績をバランス投信(4資産均等、8資産均等、世界経済インデックスファンド)と比較
「つみたてNISA」投資信託が多すぎて選べない?バランス投信の4、6、8資産均等型の特徴を比較
2017年10月2日新設定『野村つみたて外国株投信』既存の全世界株式投信の成績を先進国株式投信等と比較

インデックスファンド等の値動き

たわらノーロード日経225・先進国株式・新興国株式・国内債券・先進国債券・国内リート・先進国リート、eMAXIS新興国債券インデックス・新興国リートインデックス、ひふみ投信、セゾン資産形成の達人ファンド、iFreeNYダウ・インデックス、i-mizuho米国株式インデックスファンド、eMAXIS バランス(8資産均等型)、世界経済インデックスファンド、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド騰落率一覧
2017年11月2日現在 過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません


投信の紹介と資料請求は上のバナーから

アメリカの中央銀行にあたるFRBのイエレン議長の後任にパウエル氏が指名されました。現理事のパウエル氏は緩やかな利上げをめざすイエレン議長の路線を引き継ぐと見られています。

路線変更にともなう混乱が回避されたことは安心材料でしょうか。一方で利上げが遅れれば資産バブルが膨らむのでは、という懸念もあるようです。

NISA口座

2017年11月2日現在

「先週末比損益」は4万2千円強のプラスでした。これで8週連続のプラスで、その間に38万円強も(!)含み益が増えました。さすがにそろそろ調整が来ないと反動が怖すぎます。

11月も『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』(8万円)と『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』(2万円)を積み立てる予定です。

保有している投資信託の主な銘柄は10月末から変わりありません。個人型確定拠出年金(iDeCo)と合算して株式インデックス投信とバランス投信の比率が2対1になるように投資していましたが、種類の増えすぎた投資信託を整理しようかと思案中です。

今週の記事

『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』と『楽天・全米株式インデックス・ファンド』に続き、『楽天・新興国株式インデックス・ファンド』が設定されることになりました。その特徴や運用成績についてまとめてみました。

最低水準の運用コストをうたう『eMAXIS Slim』の運用実績を確認したり、2017年10月末のNISA口座ほかの損益についても記事にしました。

今週の記事
つみたてNISA対象投信比較『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』『楽天・全米株式インデックス・ファンド』
新設定『楽天・新興国株式インデックス・ファンド』の投資先ETFの特徴を『楽天・全世界株式』と比較(VWOとVT)
最低水準の運用コストうたう『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』の実績は?ifreeやたわら等と比較
最低水準の運用コストうたう『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』の実績は?たわらやニッセイ等と比較
2017年10月末NISA口座 先進国株式投信やひふみプラス、世界経済IF(株)、8資産均等型等に投資
2017年10月末個人型確定拠出年金(iDeCo)と特定口座 ジェイリバイブや米国株投信、世界経済IF等に投資

過去記事の紹介
『たわらノーロード バランス(8資産均等型)』は新興国債券に特徴あり?eMAXIS SlimやiFreeと比較
『iFree S&P500インデックス』をNYダウや米国配当貴族等の投信と比較 楽天・全米株式も気になる?
好調な投資信託への積立額を増やしていいものか悩む ひふみとSBI中小型割安成長株ファンドジェイリバイブ
『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』出足の成績は最下位!?競合する全世界株式投信と比較




関連記事
『楽天・全世界株式』『楽天・全米株式』販売会社追加 これまでの実績は?今週の値動きとNISA口座(171112)
金融庁レポートに見る投資信託の販売実態とつみたてNISAの利点・現行制度と選択のヒント 今週の値動きとNISA口座(171029)

楽天Kobo3000万円をつくる投資信託術 サラリーマンのためのインデックス投資入門【電子書籍】[ 竹川美奈子 ]
Amazon Kindleラクして増やそう!バラつみ投資 やさしい投資の答えはバランスファンド✕つみたて!【電子書籍】[ カン・チュンド ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログのリンク集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログのリンク集
ブログ村 資産運用
資産運用が話題のブログのリンク集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング