Slider Tag

信託報酬0.1095%!『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』とニッセイやたわらの実績と実質コスト比較


※ 記事を更新しました(2018年1月22日)。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』の信託報酬率の引き下げが発表されました(PDF)。

今までは年率で税抜0.1890%(税込0.20412%)でしたが、2018年1月30日より税抜0.1095%(税込0.11826)に引き下げられます。

ファンドの特徴と、これまでの運用成績をライバルと比較してみました。

比較の対象は『<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド』、『たわらノーロード 先進国株式』です。

先進国株式インデックスファンドの特徴

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス組入上位10ヵ国
『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』
組入上位10ヵ国
2017年12月末月報より

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』ほか一般的な先進国株式インデックスファンドのベンチマークは「MSCI コクサイ・インデックス」(円換算ベース)です。

同指数は北米、欧州、アジア・オセアニア、中東の22か国1,332銘柄で構成されています(2017年12月末現在)。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス組入上位10業種と組入上位10銘柄
組入上位10業種と組入上位10銘柄
2017年12月末月報より

今回取り上げた投資信託は、為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは原則として行いません。信託期間はすべて無期限です。

先進国株式インデックスファンドの成績

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド、たわらノーロード 先進国株式成績比較表
2018年1月19日現在
過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません

比較する期間が1年未満の短期間ということもあって、運用実績は僅差でほぼ横並びです。

すべてノーロード(購入時手数料なし)で、信託財産留保額もありません。

前述の通り『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』の信託報酬は2018年1月30日から税抜0.1095%に引き下げられる予定です。

『<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド』は2017年11月21日に信託報酬の引き下げが実施されました。

『たわらノーロード 先進国株式』も2017年12月30日に信託報酬の引き下げが実施されました。

先進国株式インデックスファンド実質コスト(推計)

eMAXIS 先進国株式インデックス、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド、たわらノーロード 先進国株式の1万口当たりの費用明細
項目ごとに小数第3位未満は四捨五入
交付運用報告書より

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』は決算前なので、マザーファンドを共有する『eMAXIS 先進国株式インデックス』の交付運用報告書から抜粋しました。

上記の費用明細のうち「信託報酬」に各投資信託の引き下げ後の数字(税込)を単純に当てはめて合計したものが下の表になります。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド、たわらノーロード 先進国株式の実質コスト(推計)
項目ごとに小数第3位未満は四捨五入

他の投資信託が更なる信託報酬の引き下げに動かない限りは、コスト面では『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』がやはり優位のようです。

もっとも、実際の運用成績にどこまで反映されるかは未知数です。

まとめ

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』の信託報酬の引き下げ(税込0.11826%)は、2018年1月12日設定の『EXE-i つみたて 先進国株式ファンド』をにらんだ動きのようです。

EXE-i つみたて 先進国株式ファンド概要

EXE-i つみたて 先進国株式ファンド』の構成比は米国株式に投資する海外ETFが55%、米国以外の先進国株式に投資する海外ETFが45%となっています。

日本も投資対象に含まれているのが特徴で、先進国の株式を中心に投資したい人には投資信託一本で国内外の株式に分散投資できて有用な投資信託でしょうね。

販売会社はSBI証券です。

つみたてNISAをきっかけに信託報酬の引き下げ競争が加速し、手軽に分散投資のできる魅力的な投資信託が登場したのは嬉しいかぎりです。

つみたてNISAの終了まで、投資信託が繰上償還されずに、ちゃんと走り切れることを願います。




追記
Twitterで「しんたろうのお金のはなし」のしんたろうさんに『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』の信託報酬の引き下げやコストについて御教示して頂きました。ありがとうございます。

関連記事
『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』信託報酬引き下げ後を含む実績をニッセイやたわら、楽天・全世界株式と比較
低コストな方が本当に好成績?『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』『つみたて先進国株式』『eMAXIS 先進国株式インデックス』
『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』設定から約1年 実績をニッセイ、たわら、楽天・全世界株式、全米株式と比較
逆風下の実力は?『たわらノーロードplus 先進国株式低ボラティリティ高配当戦略』を「ひとくふう」や「たわらノーロード」と比較 含み益の減った今が投信を整理するチャンス!?
超低コスト投信『EXE-iつみたて先進国株式ファンド』をeMAXIS Slimや楽天・全世界株式、野村つみたて外国株投信と比較
信託報酬0.1155%『EXE-i つみたて 先進国株式ファンド』の特徴は?eMAXIS Slim 先進国株式と比較
国内株式や新興国株式はいる?いらない?先進国株式のみと全世界株式のリターンとリスクを比較
先進国株式インデックス投信と米国株式(S&P500連動型とNYダウ連動型50%ずつ)の成績比較
信託報酬0.19%『i-SMT グローバル株式インデックス(ノーロード)』をニッセイ、eMAXIS Slim、たわら等と比較
ゆうちょ銀行つみたてNISA対象『つみたて先進国株式』を世界好配当株式投信や米国株式投信と比較
EXE-i先進国株式・新興国株式・グローバル中小型株式の特徴と成績をたわらやニッセイと比較
信託報酬引き下げ!「株式」投信比較 eMAXIS Slim、<購入・換金手数料なし>、たわらノーロード
最低水準の運用コストうたう『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』の実績は?たわらやニッセイ等と比較
最低水準の運用コストうたう『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』の実績は?ifreeやたわら等と比較
NISA iDeCo シンプルに投資信託一本で行くなら 先進国株式インデックス投信で攻める?
国内株vs海外株 2008年の金融危機から毎年10万ずつ計100万円ぶん投資信託を買ったら今いくら?
セゾン資産形成の達人ファンドと先進国株式インデックス投信(EXE-i、ニッセイ、たわら、eMAXIS Slim)比較
ロボティクス銘柄に投資『iTrustロボ』の特徴は?たわらノーロード先進国株式より好成績?
世界のバイオ医薬品銘柄に投資『iTrustバイオ』の特徴は?たわらノーロード先進国株式等と比較

楽天Kobo半値になっても儲かる「つみたて投資」【電子書籍】[ 星野泰平 ]
Amazon Kindle臆病な人でもうまくいく投資法 お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話【電子書籍】[ 竹川美奈子 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログのリンク集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログのリンク集
ブログ村 資産運用
資産運用が話題のブログのリンク集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

0 件のコメント