信託報酬0.1155%『EXE-i つみたて 先進国株式ファンド』の特徴は?eMAXIS Slim 先進国株式と比較


2018年1月12日新設定の『EXE-i つみたて 先進国株式ファンド』の特徴を、競合する『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』と比較しながら、簡単にまとめてみました。

どちらも、つみたてNISAの対象商品です。

EXE-i つみたて 先進国株式ファンドほか特徴

EXE-i つみたて 先進国株式ファンド

EXE-i つみたて 先進国株式ファンド概要

EXE-i つみたて 先進国株式ファンド』は日本を含む先進国の株式市場の動きを捉えることをめざして、「FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果を目標として運用を行います。

『シュワブ U.S. ブロード マーケット ETF』(基本投資割合55%)と『SPDR ポートフォリオ・ディベロップド・ワールド(除く米国) ETF』(同45%)を主要投資対象にしています。

シュワブ U.S. ブロード マーケット ETF組入上位10銘柄
銘柄数は2018年1月12日現在
構成比は同年1月11日現在

SPDR ポートフォリオ・ディベロップド・ワールド(除く米国) ETF組入上位10ヵ国と組入上位10銘柄
2018年1月10日現在

韓国も先進国に分類されていてETFの投資対象に含まれています。

これらのETFはS&P ダウジョーンズ・インディシーズ社の指数をベンチマークとしています。

『EXE-i つみたて 先進国株式ファンド』は、目標とする「FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックス」との連動性に難がありそうです。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』は、日本を除く先進国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。ベンチマークは「MSCI コクサイ・インデックス」(円換算ベース)です。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス組入上位10ヵ国と組入上位10銘柄
2017年11月末現在

今回取り上げた投資信託は、為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは原則として行いません。信託期間はどちらも無期限です。

EXE-i つみたて 先進国株式ファンドの成績

2017年12月末現在の平均年次リターン(米ドルベース)
NAV 大引け時基準価額で算出

上の表は『EXE-i つみたて 先進国株式ファンド』の投資対象であるETFの平均年次リターン(米ドルベース)をまとめたものです。

一番下段が『EXE-i つみたて 先進国株式ファンド』の基本投資割合に準拠した場合の成績です。

実際には、税金や為替相場、『EXE-i つみたて 先進国株式ファンド』の信託報酬等の影響も考慮しないといけませんが。

過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません。

まとめ

EXE-i つみたて 先進国株式ファンド』は、『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』と比較した場合、日本を含んでいるのが大きな特徴でしょうか。

新興国株式が不要で国内外の株式に投資したいなら、別に国内株式インデックスファンドを購入せずに『EXE-i つみたて 先進国株式ファンド』一本で完結します。

また『EXE-i つみたて 先進国株式ファンド』は大型株から小型株まで幅広い銘柄をカバーしている点も魅力でしょうね。

信託報酬(運用管理費用)も投資対象のETFの費用を含めた実質で年0.1155%程度(税込)と低廉です。

『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』の信託報酬も、2018年1月30日より年率で税込0.11826%(税抜0.1095%)に引き下げられる予定です。

信託報酬0.1095%!『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』とニッセイやたわらの実績と実質コスト比較

逆に『EXE-i つみたて 先進国株式ファンド』の気になる点としては、販売会社が今のところSBI証券1社に限られていることが挙げられるでしょうか。投資資金が集まるか、やや不安もあるかもしれませんね。

資産規模が大きくならないと、信託報酬以外の諸経費がかさみがちになる場合もありますし。

また、投資対象のETFは実績があっても、『EXE-i つみたて 先進国株式ファンド』自体の運用については未知数です。

慎重を期すなら、約1年ほど待って、最初の決算の運用報告書を確認してから、ということになるでしょうか。




関連記事
国内株式や新興国株式はいる?いらない?先進国株式のみと全世界株式のリターンとリスクを比較
先進国株式インデックス投信と米国株式(S&P500連動型とNYダウ連動型50%ずつ)の成績比較
信託報酬引き下げ!「株式」投信比較 eMAXIS Slim、<購入・換金手数料なし>、たわらノーロード
NISA iDeCo シンプルに投資信託一本で行くなら 先進国株式インデックス投信で攻める?
国内株vs海外株 2008年の金融危機から毎年10万ずつ計100万円ぶん投資信託を買ったら今いくら?

楽天Kobo半値になっても儲かる「つみたて投資」【電子書籍】[ 星野泰平 ]
Amazon Kindle臆病な人でもうまくいく投資法 お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話【電子書籍】[ 竹川美奈子 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログのリンク集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログのリンク集
ブログ村 資産運用
資産運用が話題のブログのリンク集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

0 件のコメント