Slider Tag

バランス投信『世界経済インデックスファンド』の設定来の運用実績を全世界株式と比較

『世界経済インデックスファンド』設定来の成績を全世界株式と比較

バランス投信『世界経済インデックスファンド』の比較的長期の成績(設定来の運用実績)を全世界株式(先進国株式、国内株式、新興国株式)と比較してみました。

比較の対象は『SMT グローバル株式インデックス・オープン』、『SMT TOPIXインデックス・オープン』、『SMT 新興国株式インデックス・オープン』の組み合わせです。

世界経済インデックスファンドほか特徴

世界経済インデックスファンドと全世界株式の構成比

世界経済インデックスファンド』は、日本を含む世界の株式と債券に分散投資します。

基本組入比率は、地域別(日本、先進国、新興国)のGDP(国内総生産)総額の比率を参考に決定します。年1回、地域別構成比の見直しを行います。

上記の円グラフは2017年8月現在の基本組入比率で、株式50%債券50%となっています。

比較対象の全世界株式は、先進国、国内、新興国、それぞれの株式を対象にした投資信託をおおむね時価総額比(先進国株式80%:国内株式10%:新興国株式10%)で組み合わせます。

SMT グローバル株式インデックス・オープン』は、MSCIコクサイ インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

同指数は北米、欧州、アジア・オセアニア、中東の22か国で構成されています(2017年11月末)。

SMT TOPIXインデックス・オープン』は、東京証券取引所第一部に上場されている全銘柄を対象にしたTOPIX(東証株価指数)に連動する投資成果をめざします。

SMT 新興国株式インデックス・オープン』は、MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

同指数はアジア、中南米、中東・アフリカ、欧州の24か国で構成されています(2017年11月末)。

今回取り上げた投資信託は原則として為替ヘッジを行いません。信託期間はすべて無期限です。

世界経済インデックスファンドほか成績

世界経済インデックスファンド、SMT グローバル株式インデックス・オープン、SMT TOPIXインデックス・オープン、SMT 新興国株式インデックス・オープン成績比較表
2018年1月5日現在
過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません

購入時手数料は上限の数字で販売会社によって異なり、ネット証券などでは無料の場合もあります。

設定来は2009年1月16日から2018年1月5日までの騰落率です。

ポートフォリオのリターンとリスク

世界経済インデックスファンド準拠ポートフォリオと全世界株式のリターンとリスク比較
リターンとリスクは年率
過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません
野村アセットマネジメント「投信アシスタント」より

上の表は『世界経済インデックスファンド』に準拠したポートフォリオ(上段)と全世界株式(下段)のリターン(投資収益率)とリスク(収益のぶれ幅)を比較したものです(ともに年率)。

2003年3月31日から2017年12月29日までの比較では、債券の含まれる『世界経済インデックスファンド』に準拠したポートフォリオのほうが、やはり全世界株式よりリターンもリスクも控えめになっています。

世界経済インデックスファンド準拠ポートフォリオと全世界株式の年間リターン
○は年間リターンの平均値
過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません
野村アセットマネジメント「投信アシスタント」より

2003年3月31日から2017年12月29日までの任意の連続1年間で騰落率のうち最大の騰落率を「最大上昇時」、同じく最小の騰落率を「最大下落時」としています。

売買手数料、税金等の費用は考慮していません。過去のデータは将来の運用成績を保証するものではありません。

『世界経済インデックスファンド』は2017年8月末現在の資産配分を参考にしています。

同ファンドの地域別構成比はGDPシェアの変化に応じて原則として年1回見直しを行う場合があります。

まとめ

リーマンショック後の世界的な金融緩和策の恩恵もあり、バランス投信『世界経済インデックスファンド』の設定来の運用実績は全世界株式と大差がついています。

もっとも、過去の実績は将来の運用成績を保証するものではなく、アメリカの利上げなど金融政策の正常化が進むと、株式市場が大きく落ち込む場面が来るかもしれませんね。

世界経済インデックスファンド』は債券を含む分、全世界株式よりはリスク(収益のぶれ幅)が控えめです。ただし、外貨建資産の比率や新興国の割合が高めなこともあり、バランス投信の中では比較的値動きが大きい傾向にあります。

長期で投資を続けようと思ったら、相場が不調な時に解約せずに済むよう預貯金や個人向け国債など安全資産もちゃんと確保しておきたいですね。




関連記事
世界経済インデックスファンドに準拠して組み合わせたインデックス投信のコストと運用実績を本物と比較
『世界経済インデックスファンド』3種の運用報告書(2017年1月21日~2018年1月22日)で実質コストや騰落率を確認 8資産均等型と比較
為替リスクを軽減『Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型』のリターンとリスクを8資産均等型や世界経済インデックスファンドと比較
8資産均等型バランス投信のリターンとリスクを全世界株式と比較
国内株式や新興国株式はいる?いらない?先進国株式のみと全世界株式のリターンとリスクを比較
株価が好調すぎて怖いならバランス投信もあり?楽天・全世界株式を世界経済インデックスファンドや8資産均等型と比較
株式のみは不安?『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』をSMT世界経済インデックス・オープン(株式シフト型)やeMAXIS最適化バランス(マイストライカー)と比較
『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』出足の成績は最下位!?競合する全世界株式投信と比較
つみたてNISA対象『SMT 世界経済インデックス・オープン』を世界経済インデックスファンドや8資産均等型と比較 資産規模が懸念材料?

楽天Koboはじめての人のための3000円投資生活【電子書籍】[ 横山光昭 ]
Amazon Kindleラクして増やそう!バラつみ投資 やさしい投資の答えはバランスファンド✕つみたて!【電子書籍】[ カン・チュンド ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログのリンク集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログのリンク集
ブログ村 資産運用
資産運用が話題のブログのリンク集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

0 件のコメント