『eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)』の出足の成績をEXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式、iFree S&P500等と比較

『eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)』の出足の成績は?

2018年4月3日設定の『eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)』(三菱UFJ国際投信)の出足の成績を競合する全世界株式インデックスファンドと比較してみました。

世界の株式市場の時価総額比では米国が過半数を占めます。参考までに米国株式インデックスファンドとも比較してみました。

比較の対象は『ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)』、『EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド』、『iFree S&P500インデックス』です。

すべて金融庁の発表しているつみたてNISAの対象商品に入っています。

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)ほか特徴は?

基本投資割合

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)』と『ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)』(愛称:ファンドパック3)は、日本を含む先進国と新興国の株式市場の値動きに連動した投資成果をめざします。

「TOPIX(東証株価指数)」※1、「MSCIコクサイ インデックス」(円換算ベース)※2、「MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース)」※3を均等に組み合わせた合成指数がベンチマークです。

※1は東証一部上場の全銘柄を対象にした指数、※2と※3は大型株と中型株を対象にした指数です。3つ合せると47ヵ国をカバーしています。

マザーファンドを共有する各インデックスファンドの組入上位10銘柄は下の表の通りです。

eMAXIS Slim 国内株式・先進国株式・新興国株式の組入上位10銘柄
2018年3月末現在 合計4,231銘柄

EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド』は、日本を含む全世界の株式を対象にした「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

同指数は先進国や新興国市場を含む47ヵ国で構成されています。

実質的な投資対象である3つのETFを通じて、世界の大型株から小型株まで合わせて5,157銘柄を組み入れています(2018年5月現在)。

EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド 組入上位国・地域・銘柄
2018年3月末月報より

iFree S&P500インデックス』は、米国株式市場の時価総額のおよそ8割を占める大型株約500銘柄を対象とした「S&P500指数」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

iFree S&P500インデックス 業種別構成比と組入上位10銘柄
2018年4月末月報より

今回取り上げた投資信託は、為替リスクを回避するための為替ヘッジを原則として行いません。信託期間はすべて無期限です。

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)ほか成績比較

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)、ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)、EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド、iFree S&P500インデックスの成績比較表
2018年5月7日現在
過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません

今回取り上げた投資信託は購入時手数料や解約時の信託財産留保額はありません。

eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)』が、信託報酬の割高な『ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)』に僅差とはいえ劣後しているのは残念ですね。

『eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)』(2018年4月3日設定)は運用開始からまだ日が浅いせいもあるでしょうか。

まとめ

過去のデータでは、3地域均等型は、変動リスクの大きい新興国株式の比率は高めなものの、同時に国内株式の比率も高めなので、リスク水準は時価総額比型とほぼ変わらないか、むしろ若干控えめです。

全世界株式のリターンとリスクを比較【除く日本、3地域均等型、時価総額比、国内外50%ずつ】

ただし、過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません。

おおむね時価総額比にならった『EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド』の米国株式に投資するETFの比率は50%、米国以外の先進国株式に投資するETFの比率は40%、新興国株式に投資するETFの比率は10%です。

3地域均等型であれ、時価総額比型であれ、長期で投資を続けるには株式市場が好調な時だけでなく荒れ模様の時にも迷わずにいられるような、自分で納得できる選択肢が一番ですよね。

資産運用の定石は分散投資ですが、自分自身で確信が持てるなら、グローバル企業を多数擁する米国への集中投資だってありかもしれません。

S&P500に採用されている企業の海外売上高は40%以上!米国株式のみでもグロバール投資と言える?

『eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)』の出足の成績を同(除く日本)、楽天・全世界株式、全米株式等と比較

『eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)』を同バランス(8資産均等型)、世界経済インデックスファンドと比較 リターンとリスクの特性は?







関連記事
eMAXIS Slim 先進国、国内、新興国株式の組み合わせを楽天やEXE-iつみたて等の全世界株式と比較

『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』出足の成績は?競合する全世界株式投信と比較

『楽天・全米株式インデックス・ファンド』の出足の成績をiFree S&P500・NYダウ、SMT米国株配当貴族等と比較

Home

Amazon Kindle貯金ゼロ・知識ゼロ・忍耐力ゼロからのとってもやさしいお金のふやし方【電子書籍】[ 竹川美奈子 ]

楽天Koboお金は寝かせて増やしなさい【電子書籍】[ 水瀬ケンイチ ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ集
ブログ村 資産運用
資産運用が話題のブログ集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

0 件のコメント