【毎週更新】『楽天・全米株式インデックス・ファンド』楽天・米国高配当株式、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、iFree NYダウ、iFreeNEXT NASDAQ100/FANG+、SMT 米国株配当貴族と実績比較・評価

2020年10月16日金曜日

配当貴族 米国株式

t f B! P L

楽天・全米株式をライバルと比較・評価・解説

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ

楽天・全米株式インデックス・ファンド』(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式))の特徴と運用実績を競合する米国株式インデックスファンドと比較してみました。

参考までに先進国株式インデックスファンドや全世界株式インデックスファンドとも運用実績を比べています。

バイデンと株式市場 ーバイデン勝利で恩恵を受けるのは?ー(PDF/岡三AM)

・米大統領選まで3週間を切り、足元では民主党バイデン候補の勝利を予想する見方が広がってきました。
・バイデン大統領の誕生を前提にすると、米国株式のセクター別には再生エネルギー、電気自動車、公益、小売りなどが、米国以外ではアジアの株式市場が相対的に恩恵を受けることになりそうです。
バイデンと株式市場

楽天・全米株式ほか米国株式インデックスファンドの特徴

楽天・全米株式インデックス・ファンド』(楽天投信投資顧問)は、米国株式市場の動きをとらえることをめざして、「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果を目標として運用を行います。

投資対象指数は米国株式市場の投資可能な銘柄のほぼ100%をカバーしています。

楽天・全米株式インデックス・ファンドの年間騰落率・基準価額の推移・騰落率の比較
各月末の直近1年間の騰落率と基準価額の推移(左)
年間騰落率の最大・平均・最小値(右)
2020年4月付交付目論見書4ページより

投資対象指数に連動する「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」(VTI)が実質的な投資先です。

2020年8月末現在、同ETFは米国の大型株、中型株、小型株、合わせて3,495銘柄を組み入れています。

投資信託を保有中の運用管理費用(年率)は税込0.162%程度です。諸経費も含めた実質コストについては下の記事を参考にしてください。

『楽天・全米株式インデックス・ファンド』第3期の実質コストやコロナ禍の運用実績をeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)と比較・評価

楽天・全米株式インデックス・ファンド 業種別構成比と組入上位10銘柄

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド』(楽天投信投資顧問)は、米国株式市場における高配当銘柄の動きをとらえることをめざして、「FTSEハイディビデンド・イールド・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果を目標として運用を行います。

投資対象指数に連動する「バンガード・米国高配当株式ETF」(VYM)が実質的な投資先です。

大型株の中でも、予想配当利回りが市場平均を上回る銘柄を重点的に組み入れます。2020年8月末現在、同ETFは米国の高配当株423銘柄を組み入れています。

運用管理費用(年率)は税込0.192%程度です。

『楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド』第3期の実質コストやコロナ禍の運用実績を楽天・全米株式と比較・評価

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド 業種別構成比と組入上位10銘柄

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』(三菱UFJ国際投信)は、米国株式市場の時価総額のおよそ8割を占める大型株約500銘柄を対象とした「S&P500指数」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

運用管理費用(年率)は税込0.0968%以内です。

より低廉な『SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド(愛称:SBI・バンガード・S&P500)』(税込0.0938%程度)も2019年9月26日に設定されました。

『SBI・バンガード・S&P500』700億円超!『楽天・全米株式』1,400億円超! VOOとVTIの成績も比較・評価 バンガード日本撤退の影響は?

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 組入上位10業種と組入上位10銘柄

iFree NYダウ・インデックス』(大和AM)は、米国を代表する優良30銘柄を対象とした「ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

運用管理費用(年率)は税込0.2475%です。

【iDeCoで節税】SBI証券セレクトプラン「米国株式」比較 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、iFree NYダウ、おおぶね 過去のショック時の株価推移は?

iFree NYダウ・インデックス 業種別構成比と組入上位10銘柄

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス』(大和AM)は、「NASDAQ100指数」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

NASDAQ(ナスダック)は米国にある世界最大の新興企業向けの株式市場です。米国以外の企業を含みハイテク(IT)関連銘柄の比率が高いのが特徴です。「NASDAQ100指数」は時価総額上位100銘柄(金融銘柄を除く)で構成されています。

2020年9月末の月報によると、105銘柄を組み入れています(外国投資信託1銘柄、外国株式 先物1銘柄を含む)。

運用管理費用(年率)は税込0.495%です。それより若干低廉な(税込0.44%)『NZAM・ベータ NASDAQ100』も2020年3月12日に設定されました。

『NZAM・ベータ NASDAQ100』iFreeNEXT NASDAQ100/FANG+、スリム米国株式、楽天・全米株式と出足の成績を比較・評価 米国の新興企業向け市場の成長性に期待

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス 業種別構成比と組入上位10銘柄

iFreeNEXT FANG+インデックス』(大和AM)は、「NYSE FANG+指数」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

同指数はフェイスブック、アップル、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグル(アルファベット)、アリババ、バイドゥ、エヌビディア、テスラ、ツイッターの10社に等金額投資したポートフォリオで構成されています。

四半期(3・6・9・12月)ごとに等金額となるようリバランスを行ないます。2018年10月24日に証券投資信託約款が変更されて信託期間は無期限になりました。

運用管理費用(年率)は税込0.7755%です。

楽天・全米株式と比較『iFreeNEXT FANG+インデックス』フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグル、アップル、テスラ等を投資対象にした投信を評価

iFreeNEXT FANG+インデックス 業種別構成比と組入上位10銘柄

SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン』(三井住友トラストAM)は、25年以上連続して増配している銘柄を対象とした「S&P500配当貴族指数」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

2020年9月末の月報によると、66銘柄を組み入れています。

運用管理費用(年率)は税込0.605%です。

SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン 組入上位10業種と組入上位10銘柄

今回、取り上げた投資信託は、原則として為替リスクを軽減するための為替ヘッジを行いません。信託期間は、すべて無期限です。


楽天・全米株式ほか米国株式インデックスファンドなどの運用実績

楽天・全米株式インデックス・ファンド』の過去2年間の基準価額の推移(2018年10月17日~2020年10月16日)は下記のチャートの通りです。

起点の基準価額を1万円に設定しています。

楽天・全米株式インデックス・ファンドとeMAXIS Slim 先進国株式インデックスの基準価額の推移(チャート)

競合する投資信託との騰落率の比較は下記の通りです(2020年10月16日現在)。

楽天・全米株式インデックス・ファンド、楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、iFree S&P500インデックス、iFree NYダウ・インデックス、iFreeNEXT NASDAQ100インデックス、iFreeNEXT FANG+インデックス、SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン、eMAXIS Slim 先進国株式インデックス、楽天・全世界株式インデックス・ファンドの騰落率(グラフ)

楽天・全米株式インデックス・ファンド、楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、iFree S&P500インデックス、iFree NYダウ・インデックス、iFreeNEXT NASDAQ100インデックス、iFreeNEXT FANG+インデックス、SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン、eMAXIS Slim 先進国株式インデックス、楽天・全世界株式インデックス・ファンドの騰落率(表)

ストラテジストの眼 Vol.102 米国10年金利が底打ちしたら?(PDF/岡三AM)

小型株は大型株よりも米国内の景気の浮き沈みの影響を受けると考えられます。金融は景気敏感セクター、ITは成長セクターの象徴的な存在だと考えられています。

今後、米国経済の回復とともに米10年金利が上向き始めれば、小型株が大型株を、金融セクターがITセクターをアウトパフォームすることになると思われます。

米10年金利と小型株/大型株および金融セクター/ITセクター(米国)

ナスダック急落の背景と今後のポイント(ピクテ投信)

今後のポイントは、(1)実質金利、(2)新型コロナワクチンの承認、(3)巨大IT企業の規制強化だろう。

大型成長株の一極集中相場をもたらしたひとつの要因は、名目金利から期待インフレ率を差し引いた実質金利の低下だ。その実質金利は、FRB(米連邦準備制度理事会)による積極的な金融緩和姿勢を反映して低下傾向にあるため、今後も「支援材料」であることに変わりはない。

その一方で、(2)や(3)は大型成長株にとっては目先リスク要因となりうる。中でも(2)はすでにFDA(米食品医薬品局)が新型コロナワクチンの緊急承認に向けて準備を進めているため、投資家の注目がアップルやテスラのような大型成長株から(経済活動の更なる再開見通しを受けて)幅広い景気敏感株へシフトする可能性がある。

ナスダック総合指数の年初来推移とRSI
出典:ナスダック急落の背景と今後のポイント
(ピクテ投信)

レバレッジ型バランスファンドとの比較は下の記事を参考にしてください。

『楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)』株式と債券に半分ずつのポートフォリオ(楽天・全米株式 50%:楽天・全世界債券 50%)と実績比較・評価

積立投資の成績については下の記事を参考にしてください。

半分ずつ投資した実績は?『楽天・全米株式インデックス・ファンド』『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』

米国新興市場に積立投資『iFreeNEXT NASDAQ100インデックス』楽天・全米株式やeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)と実績比較・評価


楽天・全米株式インデックス・ファンド まとめ

楽天・全米株式インデックス・ファンド』の純資産総額は米国株式インデックスファンドのライバルに比べ大きく伸びていますが、後発の『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』も急成長中で逆転されました。

楽天・全米株式インデックス・ファンド、楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、iFree NYダウ・インデックス、iFreeNEXT NASDAQ100インデックス、iFreeNEXT FANG+インデックス、SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン、eMAXIS Slim 先進国株式インデックス、楽天・全世界株式インデックス・ファンドの純資産総額(億円)

設定当初はベンチマークである指数からのかい離が1ヵ月間で-0.5%と目立っていましたが、最近は落ち着いてきています。

『楽天・全世界株式』『楽天・全米株式』ベンチマークからのかい離が大きめ?ライバルとの差は縮小中

楽天・全米株式インデックス・ファンド』は、『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』と同じく、金融庁が公表している「つみたてNISA対象商品届出一覧」(PDF)に入っています。

つみたてNISA 毎月3万円以上積立 47% 1年以上継続 92%(楽天証券 実態調査より)

NISA制度改正(つみたてNISA 5年延長/一般NISAは新・NISAへ見直し)のポイントを財務省や金融庁の資料から簡単にまとめてみました

低コストで、世界経済の中心である米国の株式に幅広く投資できる点が『楽天・全米株式インデックス・ファンド』の魅力でしょうね。

国際分散投資を重視するなら全世界株式インデックスファンド、あるいはバランスファンドという選択肢もあります。

楽天・全世界株式、楽天・全米株式を『楽天・インデックス・バランス・ファンド』3種と比較・評価 あれこれ悩むくらいならバランスファンド1本でいい?

楽天・全世界株式/全米株式を4、6、8資産均等型バランスと比較・評価 コロナ・ショックなど調整局面の騰落率は?



にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村 応援おねがいします


おすすめ記事

米国株式と8資産均等型バランスの組み合わせは下の記事を参考にしてください。

リスクを抑制『楽天・全米株式インデックス・ファンド』を8資産均等型バランスと組み合わせた場合の実績は?

米国株式と債券の組み合わせについては下の記事を参考にしてください。

債券の下支え効果に期待『楽天・全米株式』『楽天・全世界債券(為替ヘッジ)』両者を組み合わせた場合(7:3、5:5、3:7)の運用実績を比較・評価

【インデックス投資】米国株式に国内債券を組み合わせて値動きをマイルドに 米国株式70~30%:国内債券30~70%で実績を比較・評価



Home

Amazon10年後のGAFAを探せ 世界を変える100社【電子書籍】

楽天Koboインデックス投資は勝者のゲーム ──株式市場から利益を得る常識的方法【電子書籍】[ ジョン・C・ボーグル ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ
ブログ村 米国株
米国株が話題のブログ

注目の記事

天国から地獄? 米国株式(S&P500/NASDAQ100)インデックスファンドをレバレッジ型と比較・評価 株価急落時の値動きは?

『 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 』( 三菱UFJ国際投信 )と『 iFreeNEXT NASDAQ100インデックス 』( 大和AM )の 運用実績をレバレッジ型ファンドと比較 してみました。 比較対象の『iFreeレバレッジ S&P500』(...

よく読まれている人気記事

ブログ記事 検索

QooQ