『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』の運用実績や純資産総額をi-SMT、ニッセイ、たわらと比較

『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』を競合と比較(アラブ首長国連邦)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

※ 記事を更新しました(2018年6月28日)。

業界最低水準の運用コストをめざすとうたっている『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』の実績を競合する新興国株式インデックスファンドと比較してみました。

参考までに先進国株式インデックスファンドも一緒に比べてみます。

比較の対象は『i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)』、『<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド』、『たわらノーロード 新興国株式』、『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』です。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスほか特徴は?

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの組入上位10ヵ国
組入上位10ヵ国 2018年5月末月報より

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』ほか今回取り上げた新興国株式インデックスファンドは、新興国の株式市場を対象にした「MSCI エマージング・マーケット・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

同指数はアジア、中南米、中東・アフリカ、欧州の24か国で構成されています(2018年5月末現在)。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 組入上位10業種と組入上位10銘柄
2018年5月末月報より

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』は、日本を除く主要先進国の株式市場を対象にした「MSCI コクサイ・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

同指数は北米、欧州、アジア・オセアニア、中東の22か国で構成されています(2018年5月末現在)。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 組入上位10業種と組入上位10銘柄
2018年5月末月報より

今回取り上げた投資信託は原則として為替ヘッジは行いません。信託期間は、すべて無期限です。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスほか成績比較

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス、i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)、<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド、たわらノーロード 新興国株式、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの運用実績
2018年6月27日現在
過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません

上記の投資信託はすべてノーロード(購入時手数料なし)です。

『i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)』と『たわらノーロード 新興国株式』は、換金時に信託財産留保額として基準価額に0.3%をかけた額が差し引かれます。

直近の株式市場は貿易摩擦に対する警戒感から下落しています。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』は、新興国株式インデックスファンド同士の比較では『i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)』を除き、ライバルよりも騰落率の下落幅が控えめになっています。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』(2017年7月31日設定)は、『たわらノーロード 新興国株式』(2016年3月14日設定)よりも後発ですが、純資産総額は追い抜いています

『i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)』は2018年1月12日設定で、運用期間がまだ半年に達していません。

ちなみに『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』はこれまでに2回、信託報酬(運用管理費用)の引き下げを行っています。

2017年11月10日 税抜0.340%→税抜0.339%

2017年12月13日 税抜0.339%→税抜0.190%(※)

※ 純資産総額に応じて500億円以上1,000億円未満の部分は税抜0.185%、1,000億円以上の部分は税抜0.180%になります。

ライバルの『たわらノーロード 新興国株式』も昨年、信託報酬の引き下げを実施しています。

2017年12月30日 税抜0.495%→税抜0.340%

まとめ

業界最低水準の運用コストをうたった『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』は、設定からまだ日が浅いものの、純資産総額は順調に伸びていてホッと一安心でしょうか。

直近の騰落率は株式市場が荒れ模様なのでマイナスですが、おおむねライバルには見劣りせずに堅実に運用されているようです。

新興国の成長性の高さに期待して地域別の比率を自分で調整したい場合などには、個別インデックスファンドの組み合わせが有用ですよね。

手軽さを重視するなら、全世界株式インデックスファンドやバランスファンドも魅力的でしょうね。

eMAXIS Slim 先進国、国内、新興国株式の組み合わせを楽天やEXE-iつみたて等の全世界株式と比較

つみたてNISA対象『世界6資産分散ファンド』(野村AM)国内、先進国、新興国の株式と債券に投資 8資産均等型や世界経済インデックスファンドと比較






関連記事
国内株式や新興国株式はいる?いらない?先進国株式のみと全世界株式のリターンとリスクを比較

『楽天・新興国株式インデックス・ファンド』の出足の成績は?EXE-iつみたて、eMAXIS Slim、iFree、iTrustと比較

eMAXIS Slim 新興国株式より好成績?『SMT アジア新興国株式インデックス・オープン』の特徴は?

『SMT 日経アジア300インベスタブルインデックス・オープン』の特徴と成績をSMT アジア新興国株式やeMAXIS Slim 新興国株式と比較

新興国株式投信比較『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』『eMAXIS 日経アジア300インベスタブル・インデックス』『日経アジア300インベスタブル・アクティブ・ファンド』ほか

『iTrustインド株式』の特徴と運用成績を高成長インド・中型株式ファンドや新興国株式インデックスファンドと比較

成長著しい新興国に投資『ベトナム成長株インカムファンド』と『SBIインド&ベトナム株ファンド』の特徴は?

Home

楽天Kobo半値になっても儲かる「つみたて投資」【電子書籍】[ 星野泰平 ]

Amazon Kindleお金は寝かせて増やしなさい【電子書籍】[ 水瀬ケンイチ ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログのリンク集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログのリンク集
ブログ村 家計管理・貯蓄
家計管理・貯蓄が話題のブログ集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

0 件のコメント