『楽天・新興国株式インデックス・ファンド』の出足の成績は?EXE-iつみたて、eMAXIS Slim、iFree、iTrustと比較

楽天・新興国株式の出足の成績は?

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

※ 記事を更新しました(2018年7月15日)。

2017年11月17日に設定された『楽天・新興国株式インデックス・ファンド』(楽天投信投資顧問)の出足の成績を競合する新興国株式投信と比較してみました。

比較の対象は『EXE-i つみたて 新興国株式ファンド』、『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』、『iFree 新興国株式インデックス』、『iTrust新興国』です。

上記の投資信託のうち、つみたてNISA対象商品は『EXE-i つみたて 新興国株式ファンド』、『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』、『iFree 新興国株式インデックス』です。

楽天・新興国株式ほか特徴は?

楽天・新興国株式インデックス・ファンド』(愛称:楽天・バンガード・ファンド(新興国株式))は、新興国の株式市場の動きをとらえることを目指して、「FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果を目標として運用を行います。

『楽天・新興国株式インデックス・ファンド』の投資対象指数の年間騰落率と代表的な資産クラスと騰落率比較
投資対象指数の年間騰落率(左)年間騰落率の最大・平均・最小(右)
※当ファンドの騰落率は設定前のため対象指数を用いて算出
交付目論見書4ページより引用

対象指数に連動する『バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF』(VWO)を主要投資対象としています。

2018年5月末現在、同ETFは全世界の新興国市場の大型株、中型株、小型株、合わせて4,682銘柄に投資しています。

一般的な新興国株式インデックスファンドに採用されているMSCIのエマージング指数と違い、FTSEでは韓国は新興国に含まれていません(先進国に定義されています)。

楽天・新興国株式インデックス・ファンド 組入上位10ヵ国と組入上位10銘柄
2018年5月末現在(同年6月末月報より)
台湾セミコンタクダーは台湾と米国で上場

EXE-i つみたて 新興国株式ファンド』のベンチマークは、「FTSE エマージング・インデックス」(円換算ベース)です。

対象指数に連動する『シュワブ エマージング・マーケッツ エクイティ ETF』(SCHE)を主要投資対象としています。同ETFは967銘柄を組み入れています(2018年7月13日現在)。

EXE-i つみたて 新興国株式ファンド 組入上位10ヵ国と上位10銘柄
2018年6月末月報より

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』のベンチマークは、「MSCI エマージング・マーケット・インデックス」(円換算ベース)です。

2018年6月末の月報によると、909銘柄を組み入れています。

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 組入上位10ヵ国と組入上位10銘柄
2018年6月末月報より

iFree 新興国株式インデックス』は、ファンダメンタル(株主資本、キャッシュフロー、売上、配当)に着目した「FTSE RAFI エマージング インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

2018年1月末時点で、同指数の構成国は13ヵ国と少なめです(「FTSE エマージング・インデックス」は23ヵ国、「MSCI エマージング・マーケット・インデックス」は24ヵ国)。

2018年6月末の月報によると、358銘柄(外国投資証券1銘柄、外国株式の先物1銘柄を含む)を組み入れています。

iFree 新興国株式インデックス 国・地域別構成比と組入上位10銘柄
2018年6月末月報より

アクティブ運用の『iTrust新興国株式』(愛称:働きざかり~労働人口増加国限定~)は、労働人口が拡大していて、相対的に高い経済成長が期待できる新興国の株式に分散投資します。

2018年5月末の月報によると、13ヵ国の109銘柄を組み入れています。

iTrust新興国株式 組入上位5ヵ国と組入上位10銘柄
2018年5月末月報より

今回取り上げた投資信託は、為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは原則として行いません。信託期間はすべて無期限です。

楽天・新興国株式ほか費用

楽天・新興国株式インデックス・ファンド、EXE-i つみたて 新興国株式ファンド、eMAXIS Slim 新興国株式インデックス、iFree 新興国株式インデックス、iTrust新興国、楽天・全世界株式インデックス・ファンドの費用

上記の投資信託は、購入時手数料や解約時の信託財産留保額はありません。

楽天・新興国株式ほか運用実績

楽天・新興国株式インデックス・ファンド、EXE-i つみたて 新興国株式ファンド、eMAXIS Slim 新興国株式インデックス、iFree 新興国株式インデックス、iTrust新興国、楽天・全世界株式インデックス・ファンドの運用実績
2018年7月13日現在
過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません

米国の長期金利上昇や貿易摩擦激化への警戒感から新興国株式は軟調になっています。

リスク許容度によっては買い増しのチャンスかもしれませんね。その一方で「落ちてくるナイフはつかむな」という相場格言もあります。

定額の積立投資であれば、無理に投資額を増やさずとも基準価額が下落している時は口数を多く買うことができます。淡々と積み立てを続けていくのも選択肢の一つでしょうか。

一口に新興国株式と言っても、ベンチマークが異なっていたり、アクティブ運用の投資信託もあり、運用成績はそれぞれに好調な時期、不調な時期があるものと思われます。

目論見書や運用報告書、月報等で各投資信託の特性を理解したうえで投資したいですね。

2018年6月末の月報によると、『楽天・新興国株式インデックス・ファンド』のベンチマークからのかい離は過去1ヵ月で-0.5%となっています。

下記の記事の追記部分に、『楽天・新興国株式インデックス・ファンド』のベンチマークとの乖離についても一緒にまとめています。

『楽天・全世界株式』『楽天・全米株式』ベンチマークからのかい離が大きめ?ライバルとの差は縮小中

交付目論見書3ページには下記のような留意点があげられています。

当ファンドにおける資金流出入から当ファンドとマザーファンド間の資金移動までのタイミングのずれ、当ファンドにおける信託報酬やマザーファンドにおける売買コストをはじめとする当ファンドとマザーファンドの運営にかかる費用負担の影響等から、当ファンドの基準価額と対象指数との乖離が拡大する場合があります。

まとめ

楽天・バンガードの第2弾として華々しくデビューするはずだった『楽天・新興国株式インデックス・ファンド』ですが、ライバルの乱入で出鼻をくじかれた感もあるかもしませんね。

『楽天・新興国株式インデックス・ファンド』の税込0.2696%程度という信託報酬(年率)に対して、2017年12月6日に設定された『EXE-iつみたて新興国株式』税込0.1948%程度とさらに低廉です。

『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』も2017年12月13日より信託報酬を税込0.2052%に引き下げました(2018年7月25日より税込0.20412%に再引き下げ)。

楽天・新興国株式インデックス・ファンド』には、海外ETFを通じて大型株から小型株まで幅広い銘柄をカバーしているという強みがありますが、ライバルもなかなか手ごわそうですね。

『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』よりEXE-iつみたてや楽天・バンガードは値動きが激しい?




こぼれ話
楽天・新興国株式インデックス・ファンド』の販売会社はSBI証券、岡三オンライン証券、GMOクリック証券、ソニー銀行、松井証券マネックス証券楽天証券です(2018年7月15日現在)。

楽天証券では投資信託をスポット購入でも積み立てでも100円から購入可能です。また楽天グループの「楽天スーパーポイント」(期間限定ポイントは除く)でも投資信託を購入できます

少額かつポイントでお試しできるなら、投資が身近になりますね。手軽に投資できるようになっても将来の運用成績までは保証してくれないので、結果については自己責任という原則は忘れないようにしたいです。



楽天証券の投資信託ポイント買付サービスとは?楽天スーパーポイントで購入の投信が1万円に届きそう

楽天証券「つみたてNISA取扱商品」株式とバランス型に分類し信託報酬の安い順に並び替えてみました




関連記事

新興国株式

信託報酬引下げ!実績比較『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』『<購入・換金手数料なし>ニッセイ新興国株式インデックスファンド』

eMAXIS Slim 新興国株式より好成績?『SMT アジア新興国株式インデックス・オープン』の特徴は?

つみたてNISA対象『EXE-i つみたて新興国株式ファンド』の特徴と成績は?eMAXIS SlimやiFreeと比較

米国の長期金利の上昇で新興国資産の値下がりが心配?eMAXIS Slim 新興国株式を先進国株式、国内株式、バランス(8資産均等型)と比較

新興国株式投信比較『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』『eMAXIS 日経アジア300インベスタブル・インデックス』『日経アジア300インベスタブル・アクティブ・ファンド』ほか

『SMT 日経アジア300インベスタブルインデックス・オープン』の特徴と成績をSMT アジア新興国株式やeMAXIS Slim 新興国株式と比較

インド株式・ベトナム株式

『iTrustインド株式』の特徴と運用成績を高成長インド・中型株式ファンドや新興国株式インデックスファンドと比較

成長著しい新興国に投資『ベトナム成長株インカムファンド』と『SBIインド&ベトナム株ファンド』の特徴は?

Home

楽天Koboお父さんが教える 13歳からの金融入門【電子書籍】[ デヴィッド・ビアンキ ]

Amazon Kindle外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話【電子書籍】[ ジョン太郎 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ集
ブログ村 資産運用(投資)
資産運用(投資)が話題のブログ集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

0 件のコメント