Slider Tag

日本株を含む『EXE-i つみたて先進国株式ファンド』の特徴と実績をEXE-i、eMAXIS Slim、ニッセイと比較

『EXE-i つみたて先進国株式ファンド』の特徴と運用実績は?(フランスのフォンテーヌブロー城)

2018年1月12日設定の『EXE-i つみたて先進国株式ファンド』の特徴と運用実績を、競合する先進国株式インデックスファンドと比較しながら、簡単にまとめてみました。

比較の対象は『EXE-i 先進国株式ファンド』、『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』、『<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド』です。

EXE-i つみたて先進国株式ファンドほか特徴

EXE-i つみたて先進国株式ファンド

EXE-i つみたて 先進国株式ファンド概要

EXE-i つみたて先進国株式ファンド』は日本を含む先進国の株式市場の動きを捉えることをめざして、「FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果を目標として運用を行います。

『シュワブ U.S. ブロード マーケット ETF』(基本投資割合55%)と『SPDR ポートフォリオ・ディベロップド・ワールド(除く米国) ETF』(同45%)を主要投資対象にしています。

前者は2,305銘柄(2018年5月1日現在)、後者は1,595銘柄(同年4月27日現在)を組み入れています。

EXE-i つみたて先進国株式ファンド 組入上位国・地域・銘柄
2018年3月末現在

韓国も先進国に分類されていてETFの投資対象に含まれています。

これらのETFはS&P ダウジョーンズ・インディシーズ社の指数をベンチマークとしています。

『EXE-i つみたて先進国株式ファンド』は、目標とする「FTSE ディベロップド・オールキャップ・インデックス」との連動性にやや難がありそうです。

EXE-i 先進国株式ファンド

EXE-i 先進国株式ファンド』の参考指標は「FTSE カイガイ・インデックス」(円換算ベース)ですが、参考指標に対して一定の運用成果をめざすものではなく、かい離する場合があります。

基本投資割合は、米国60%:欧州30%:アジア・太平洋地域(日本を除く)10%です。

3つのETFを通じて3,634銘柄に投資しています(2017年3月末及び4月末現在)。

EXE-i 先進国株式ファンド 組入上位5ヵ国と組入上位5銘柄
2018年3月末現在

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスほか

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』と『<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド』は、日本を除く先進国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざします。ベンチマークは「MSCI コクサイ・インデックス」(円換算ベース)です。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 組入上位10ヵ国と組入上位10銘柄
2018年3月末現在

今回取り上げた投資信託は、為替変動リスクを回避するための為替ヘッジは原則として行いません。信託期間はすべて無期限です。

EXE-i つみたて先進国株式ファンドほか成績

2018年5月1日現在
過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません

『<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド』は、表中では<購入・換金手数料なし>の表記を省略しています。

今回取り上げた投資信託は、購入時手数料や解約時の信託財産留保額はありません。

2018年1月12日設定の『EXE-i つみたて先進国株式ファンド』は運用開始から日が浅いため、実績は参考程度に見てください。

設定来(2018年1月12日~同年5月1日)の騰落率では、『EXE-i つみたて先進国株式ファンド』は運用実績は赤字ではあるものの、マイナス幅は一番小さくなっています

まとめ

EXE-i つみたて先進国株式ファンド』は、「MSCI コクサイ・インデックス」に連動する一般的な先進国株式インデックスファンドと比較した場合、日本株を含み中小型株まで幅広くカバーしているのが特徴です。

変動リスクの大きい新興国株式が不要であれば、株式インデックスファンドは低コストな『EXE-i つみたて先進国株式ファンド』一本で済みます

販売会社が今のところSBI証券1社のみで、純資産総額が小さいのが惜しいですね。

こぼれ話
『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』と『eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)』を組み合わせた場合の、『EXE-i つみたて先進国株式ファンド』との比較は下の記事を参考にしてください。

信託報酬0.1155%『EXE-i つみたて先進国株式ファンド』の特徴は?eMAXIS Slim 先進国株式と比較







関連記事
『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』信託報酬引き下げ後を含む実績をニッセイやたわら、楽天・全世界株式と比較

国内株式や新興国株式はいる?いらない?先進国株式のみと全世界株式のリターンとリスクを比較

NISA iDeCo シンプルに投資信託一本で行くなら 先進国株式インデックス投信で攻める?

国内株vs海外株 2008年の金融危機から毎年10万ずつ計100万円ぶん投資信託を買ったら今いくら?

Home

Amazon Kindle臆病な人でもうまくいく投資法 お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話【電子書籍】[ 竹川美奈子 ]

楽天Kobo半値になっても儲かる「つみたて投資」【電子書籍】[ 星野泰平 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ集
ブログ村 資産運用
資産運用が話題のブログ集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

0 件のコメント