全世界株式インデックスファンドをコア、米国株式(NYダウ)インデックスファンドをサテライトとした場合の運用実績は?

『eMAXIS 全世界株式インデックス』と『SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン』の組み合わせの運用実績は?

全世界株式インデックスファンドをコア、米国株式(NYダウ)インデックスファンドをサテライトとした場合の運用実績を確認してみました。

組み合わせるのは『eMAXIS 全世界株式インデックス』と『SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン』です。

投資信託の特徴は?

eMAXIS 全世界株式インデックス』は、日本を除く世界の株式を対象にした「MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします

同指数は、日本を除く先進国と新興国合せて46ヵ国の大型株と中型株2,174銘柄で構成されています(2018年3月末現在)。

eMAXIS 全世界株式インデックス 組入上位国・地域、組入上位5銘柄
2018年3月末現在

eMAXIS 全世界株式インデックス 組入上位10銘柄
eMAXIS 全世界株式インデックス
組入上位10銘柄 2018年3月末現在

SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン』は、米国を代表する主要30銘柄を対象とした「ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします

SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン 組入上位10業種と組入上位10銘柄
2018年3月末現在

今回取り上げた投資信託の信託期間は無期限です。

投資信託の運用実績は?

『eMAXIS 全世界株式インデックス』と『SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン』の組み合わせの運用実績は?
2018年4月19日現在
過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません

購入時手数料は上限の数字で販売会社によって異なり、ネット証券など無料の場合もあります。

『eMAXIS 全世界株式インデックス』100%に対し、『SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン』を組み入れた場合の過去4年の騰落率の上乗せ分は以下のようになっています。

SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン』の組入比率10%だと+3.02%
SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン』の組入比率20%だと+6.05%
SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン』の組入比率30%だと+9.07%
SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン』の組入比率50%だと+15.12%

さすがに50%:50%で組みわせると、もはやコア・サテライト戦略とは呼べないかもしれませんね(苦笑)。

より低廉な『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』(2018年3月19日設定)と『iFree NYダウ・インデックス』(2017年9月8日設定)を組み合わせた場合のコストは下の表の通りです。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)とiFree NYダウ・インデックスを組み合わせた場合のコストは?
2018年4月19日現在

『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』と同じ信託報酬(運用管理費用)で、国内株式、先進国株式、新興国株式に均等に投資する『eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)』も2018年4月3日に設定されました。

まとめ

幅広く分散した全世界株式インデックスファンドと、米国を代表する優良企業を対象にしたNYダウ・インデックスファンドの組み合わせの相性は悪くなさそうです。

ただし、過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません。実際には、事前に将来好成績となる投資信託を選ぶのは極めて困難です。リターンにこだわりすぎると、いたらずらにリスクを高めることにもなりかねないですよね。

NYダウ・インデックスファンドはわずか30銘柄ということもあり、これ1本というのはさすがに怖いです。確かに最近の米国株式のパフォーマンスは良好ですが、誰もが有望だと思う投資対象はすでに割高かもしれません。

長期投資で将来の不確実性に備えるなら、国際分散投資と預貯金等の安全資産の確保も忘れないようにしたいです。

実績比較『楽天・全世界株式』『楽天・全米株式』バンガード社は米国株価は過大評価と警告
全世界株式インデックスファンドをコア、『ひふみプラス』をサテライトとした場合の運用実績は?
全世界株式インデックスファンドをコア、『SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ』をサテライトとした場合の運用実績は?







関連記事
NYダウ・インデックスファンド成績比較【eMAXIS、SMT、iFree、たわらノーロード】S&P500連動型や先進国株式とも比較
『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』出足の成績は?競合する全世界株式投信と比較
『楽天・全米株式インデックス・ファンド』の出足の成績をiFree S&P500・NYダウ、SMT米国株配当貴族等と比較
つみたてNISA対象投信比較『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』『楽天・全米株式インデックス・ファンド』
つみたてNISA対象投信比較『iFree S&P500インデックス』『楽天・全米株式インデックス・ファンド』

楽天Koboお金は寝かせて増やしなさい【電子書籍】[ 水瀬ケンイチ ]
Amazon Kindle外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話【電子書籍】[ ジョン太郎 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログのリンク集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログのリンク集
ブログ村 資産運用
資産運用が話題のブログのリンク集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

0 件のコメント