バランスファンド『SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)』を楽天・全世界株式や8資産均等型、世界経済インデックスファンドと比較

 『SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)』(愛称:スゴ6)の特徴は?

※ 記事を更新しました(2018年6月19日)。

三井住友トラスト・アセットマネジメントのバランスファンド『SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)』(愛称:スゴ6)の特徴と運用実績を、全世界株式インデックスファンドや定番バランスファンドと比較しながら、簡単にまとめてみました。

比較の対象は『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』、『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』、『世界経済インデックスファンド』です。

今回取り上げた投資信託は、すべて、つみたてNISA対象商品です。

金融庁が「つみたてNISA対象商品届出一覧」公表 各指数で信託報酬が最安値の投資信託は?

Q&A「つみたてNISA」ってどんな制度?投信を毎月買わないとダメ?一般NISAとつみたてNISAは併用できる?

SBI資産設計オープンほか投資信託の特徴

SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)、楽天・全世界株式インデックス・ファンド基本組入比率
楽天・全世界株式~は2018年5月末現在
(同ファンドの投資対象VTの構成比)

SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)』は、先進国を中心に世界の株式、債券、REIT(不動産投資信託証券)に分散投資します。

株式40%債券40%REIT20%です(国内資産50%海外資産50%)。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド』は、世界の株式市場に連動する投資成果をめざします。

2018年5月末現在、同ファンドの投資対象ETF(VT)の日本の組入比率は8.4%です。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)、世界経済インデックスファンド基本組入比率
世界経済インデックスファンドは2018年2月末現在

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』は、世界の株式、債券、REITに分散投資します。

株式37.5%債券37.5%REIT25%です(国内資産37.5%海外資産62.5%)。

世界経済インデックスファンド』は、世界の株式と債券に分散投資します。原則として年1回、GDP(国内総生産)総額の比率を参考に地域別構成比の見直しを行う場合があります。

株式50%債券50%です(国内資産10%海外資産90%)。

今回取り上げた投資信託は、原則として為替ヘッジを行いません。信託期間はすべて無期限です。

SBI資産設計オープンほか費用

SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)、楽天・全世界株式インデックス・ファンド、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)、世界経済インデックスファンドの費用

購入時手数料は上限の数字で販売会社によって異なり、ネット証券など無料の場合もあります。

つみたてNISAでは、ETFを除き、投資信託はノーロード(購入時手数料なし)です。

SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)』の運用管理費用(信託報酬)は年率で税込0.54%と、既存の『SBI資産設計オープン(資産成長型)』(年率で税込0.7344%)より低廉になっています。

換金時の信託財産留保額も0.15%から0.1%へ引き下げられています。

SBI資産設計オープンほか運用実績

SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)、楽天・全世界株式インデックス・ファンド、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)、世界経済インデックスファンドの基準価額の値動き
基準価額の値動き(月末ベース)
比較しやすいよう2017年12月末の基準価額を1万円に統一
過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません

米国の長期金利の上昇や貿易摩擦への警戒感から、直近の株式市場は軟調です。

2017年12月末(29日)からの基準価額の値動きを見ると、やはり『SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)』をはじめとするバランスファンドのほうが、『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』より落ち込みが少ないことがわかります。

騰落率の比較は下の表の通りです。『SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)』は2017年12月19日設定で、運用開始からまだ日が浅いです。

SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)、楽天・全世界株式インデックス・ファンド、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)、世界経済インデックスファンドの騰落率比較表
2018年6月18日現在
過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません

上記の期間では新興国資産が不調なこともあり、先進国中心の『SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)』は、競合するバランスファンドより相対的に堅調な成績になっています。

まとめ

株式市場が荒れ模様の時は、やはり『SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)』をはじめとするバランスファンドのほうが、全世界株式インデックスファンドより値動きが穏やかです。

『SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)』の資産配分は、先進国を中心にしていて国内資産の比率が半分を占めます。過去のデータに照らし合わせるなら、国内外に偏りなく分散したほうがリターン(投資収益率)とリスク(投資収益率のぶれ)のバランスが改善されます

ただし、長期で投資する場合、国内資産は少子高齢化による人口減少の影響が気になるかもしれませんね。新興国資産を含む『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』も、国内資産の比率が37.5%と結構高めです。

つみたてNISAは2056年まで eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の国内資産比率の高さは心配?

リスクは大きめでも海外に投資のチャンスを積極的に求めるなら、国内資産10%:海外資産90%という『世界経済インデックスファンド』も魅力的でしょうか。

『世界経済インデックスファンド』3種の運用報告書(2017年1月21日~2018年1月22日)で実質コストや騰落率を確認 8資産均等型と比較




こぼれ話
『SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)』の販売会社はSBI証券です。


既存の『SBI資産設計オープン(資産成長型)』(2008年1月9日設定)も販売会社はSBI証券のみですが、純資産総額は280.25億円に達しています(2018年6月18日現在)。今でもバランスファンドの販売金額人気ランキングの上位に入るなど根強い人気があります。

運用管理費用(信託報酬)は最近のインデックスファンドには見劣りするものの、先進国を中心に国内外の複数の資産に分散投資したい場合には手堅い選択肢かもしれませんね。




関連記事
つみたてNISA対象『世界6資産分散ファンド』(野村AM)国内、先進国、新興国の株式と債券に投資 8資産均等型や世界経済インデックスファンドと比較

為替リスクを軽減『Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型』のリターンとリスクを8資産均等型や世界経済インデックスファンドと比較

『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の出足の成績は?競合する全世界株式投信と比較(EXE-i つみたて、eMAXIS Slim、野村ほか)

株価下落時の楽天・全世界株式、全米株式の騰落率を8資産均等型や世界経済インデックスファンド等のバランス投信と比較

Home

楽天Koboはじめての人のための3000円投資生活【電子書籍】[ 横山光昭 ]

Amazon Kindleはじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本【電子書籍】[ 竹内弘樹 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ集
ブログ村 家計管理・貯蓄
家計管理・貯蓄が話題のブログ集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

0 件のコメント