信託報酬率引き下げ!<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式の実績は?eMAXIS Slim、たわら、楽天・全世界株式、全米株式等と比較

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドの特徴と実績を競合投信と比較

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ

※ 記事を更新しました(2018年11月1日)

2018年8月21日に信託報酬率の引き下げが行われた『<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド』の特徴と実績を競合投信と比較してみました。

比較の対象は『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』、『たわらノーロード 先進国株式』、『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』、『eMAXIS 全世界株式インデックスファンド』、『楽天・全米株式インデックス・ファンド』、『iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド』です。




ニッセイ外国株式ほか特徴

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド』、『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』、『たわらノーロード 先進国株式』は、日本を除く先進国の株式市場を対象にした「MSCIコクサイ インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 組入上位10業種と組入上位10銘柄
2018年9月末月報より

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 国・地域別組入比率
2018年9月末月報より

楽天・全世界株式インデックス・ファンド』(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))は、日本を含む全世界の株式市場を対象にした「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド 業種別構成比と組入上位10銘柄
実質的投資対象ファンドVTのポートフォリオ
2018年8月末現在(同年9月末月報より)

実質的な投資対象ファンドVTのポートフォリオ
2018年8月末現在(同年9月末月報より)

eMAXIS 全世界株式インデックス』は、日本を除く世界の株式市場を対象にした「MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

eMAXIS 全世界株式インデックス 組入上位国・地域と組入上位5銘柄
2018年9月末月報より

楽天・全米株式インデックス・ファンド』(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式))は、米国株式市場の投資可能な銘柄のほぼ100%をカバーした「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

楽天・全米株式インデックス・ファンド 業種別構成比と組入上位10銘柄
実質的な投資対象ファンドVTIのポートフォリオ
2018年8月末現在(2018年9月末月報より)

iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド』は、米国株式市場の時価総額のおよそ8割を占める大型株約500銘柄を対象とした「S&P500指数」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド 組入上位10業種と組入上位10銘柄
実質的な投資対象ファンドIVVのポートフォリオ
2018年9月末月報より

今回、取り上げた投資信託は原則として為替ヘッジを行いません。信託期間はすべて無期限です。


ニッセイ外国株式ほか費用

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド、eMAXIS Slim 先進国株式インデックス、たわらノーロード 先進国株式、楽天・全世界株式インデックス・ファンド、eMAXIS 全世界株式インデックスファンド、楽天・全米株式インデックス・ファンド、iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンドの費用

上記の投資信託はノーロード(購入時手数料なし)です。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国インデックスファンド』の運用管理費用(年率)は2018年8月21日に税込0.20412%(税抜0.189%)から税込0.11772%(税抜0.109%)に引き下げられました。


ニッセイ外国株式ほか運用実績

下のグラフは、『<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド』の過去およそ3年間の基準価額の推移を『eMAXIS 全世界株式インデックス』や『iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド』と比べたものです。

比較しやすいよう起点の基準価額を1万円に統一しています。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド、eMAXIS 全世界株式インデックス、iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンドの基準価額の推移
基準価額の推移(月末ベース)
2015年10月末~2018年10月末
過去の実績は将来の成績を保証するものではありません

そのほかの投資信託を含めた騰落率の比較は下の表の通りです。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド、eMAXIS Slim 先進国株式インデックス、たわらノーロード 先進国株式、楽天・全世界株式インデックス・ファンド、eMAXIS 全世界株式インデックスファンド、楽天・全米株式インデックス・ファンド、iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンドの騰落率
2018年10月31日現在
過去の実績は将来の成績を保証するものではありません

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国インデックスファンド』の騰落率が先進国株式インデックスファンドのライバルに劣後しているのは、過去に何度か指数からの比較的大きめなかい離があったことも一因でしょうか。

とはいえ、先進国株式インデックスファンド同士の比較では僅差にとどまります。

上記の期間では米国株式インデックスファンドが好調な一方、直近で特に軟調な新興国株式を含む全世界株式インデックスファンドは若干見劣りする成績でした。


まとめ

ベンチマークからのかい離が過去に指摘されている『<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド』ですが、純資産総額が順調に成長していることもあり安定した運用を期待したいところですよね。

先進国株式インデックスファンドだけでも北米、欧州、アジア・オセアニア、中東の22ヵ国に投資できますが、新興国も含めた更なる国際分散投資を求めるのであれば全世界株式インデックスファンドという選択肢もあります。

先進国株式インデックスファンドでも全世界株式インデックスファンドでも、上位は米国企業が占めています。米国の一人勝ちが続くと確信が持てるのであれば、米国株式インデックスファンドという選択肢もありますね。




関連記事
実績比較「先進国株式+国内株式」eMAXIS Slimと<購入・換金手数料なし>どちらのシリーズが優勢?

eMAXIS Slim 先進国、国内、新興国株式の組み合わせを楽天やSBI等の全世界株式と比較

『楽天・全米株式インデックス・ファンド』の出足の成績を楽天・米国高配当株式、iFree S&P500・NYダウ、iFreeNEXT FANG+、SMT米国株配当貴族等と比較

信託報酬率引き下げ!<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均の実績は?たわら、eMAXIS Slim、ひふみと比較

信託報酬率引き下げ!<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)と同(8資産均等型)の実績は?

Home

楽天Koboお金は寝かせて増やしなさい【電子書籍】[ 水瀬ケンイチ ]

Amazon Kindle貯金ゼロ・知識ゼロ・忍耐力ゼロからのとってもやさしいお金のふやし方【電子書籍】[ 竹川美奈子 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ
ブログ村 米国株
米国株が話題のブログ

0 件のコメント