『EXE-i グローバル中小型株式ファンド』をiFree NYダウ・S&P500や楽天・全米株式等と比較

『EXE-i グローバル中小型株式ファンド』の特徴と運用実績を米国株式と比較

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

※ 記事を更新しました(2018年9月14日)。

日本を含む世界の中小型株に投資する『EXE-i グローバル中小型株式ファンド』特徴と運用実績を、米国株式インデックスファンドと比較しながら、簡単にまとめてみました。

比較の対象は『SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン』、『iFree NYダウ・インデックス』、『iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド』、『iFree S&P500インデックス』、『楽天・全米株式インデックス・ファンド』です。

今回、取り上げた投資信託の中で「つみたてNISA」対象商品は『EXE-i グローバル中小型株式ファンド』、『iFree S&P500インデックス』、『楽天・全米株式インデックス・ファンド』です。

金融庁が「つみたてNISA対象商品届出一覧」公表 各指数で信託報酬が最安値の投資信託は?




EXE-i グローバル中小型株式ファンドほか特徴

EXE-i グローバル中小型株式ファンド』の参考指標は「FTSEグローバル スモール・キャップ インデックス」(円換算ベース)ですが、参考指標に対して一定の運用成果をめざすものではなく、かい離する場合があります。

基本投資割合は米国の中小型株60%:米国以外の中小型株40%です。2つのETFを通じて5,346銘柄に投資しています(2018年3月末及び4月末現在)。

EXE-i グローバル中小型株式ファンド 組入上位5業種と組入上位5銘柄
2018年8月末月報より

EXE-i グローバル中小型株式ファンド 組入上位5ヵ国
EXE-i グローバル中小型株式ファンド
2018年8月末月報より

SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン』と『iFree NYダウ・インデックス』は、米国を代表する主要30銘柄を対象とした「ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

iFree NYダウ・インデックス 業種別構成比と組入上位10銘柄
2018年8月末月報より

iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド』と『iFree S&P500インデックス』は、米国株式市場の時価総額のおよそ8割を占める大型株約500銘柄を対象とした「S&P500指数」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

iFree S&P500インデックス 業種別構成比と組入上位10銘柄
2018年8月末月報より

楽天・全米株式インデックス・ファンド』(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式))は、米国株式市場の投資可能な銘柄のほぼ100%をカバーした「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

実質的な投資対象である『バンガード・トータル・ストック・マーケットETF』は、米国の大型株、中型株、小型株、合わせて3,627銘柄を組み入れています(2018年7月末現在)。

楽天・全米株式インデックス・ファンド 業種別構成比と組入上位10銘柄
2018年7月末現在(同年8月末月報より)

今回取り上げた投資信託は、原則として為替ヘッジは行いません。信託期間はすべて無期限です。


EXE-i グローバル中小型株式ファンドほか費用

EXE-i グローバル中小型株式ファンド、SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン、iFree NYダウ・インデックス、iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド、iFree S&P500インデックス、楽天・全米株式インデックス・ファンドの費用

上記の投資信託の中では『SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン』のみ購入時手数料(税込3.24%)や換金時の信託財産留保額(0.3%)が設定されています。

購入時手数料は上限の数字で販売会社によって異なり、SBI証券楽天証券などのネット証券(インターネットコース)では無料の場合もあります。



EXE-i グローバル中小型株式ファンドほか運用実績

EXE-i グローバル中小型株式ファンド、SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン、iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンドの運用実績
2018年9月14日現在
過去の実績は将来の成績を保証するものではありません

上記の期間では、『EXE-i グローバル中小型株式ファンド』の騰落率は『SMT ダウ・ジョーンズ インデックス・オープン』や『iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド』に劣後しています。

EXE-i グローバル中小型株式ファンド、iFree NYダウ・インデックス、iFree S&P500インデックス、楽天・全米株式インデックス・ファンドの運用実績
2018年9月14日現在
過去の実績は将来の成績を保証するものではありません

直近の運用実績も、世界の株式に幅広く投資している『EXE-i グローバル中小型株式ファンド』より米国株式インデックスファンドのほうが優勢です。


まとめ

現在の株式市場は米国の長期金利上昇や貿易摩擦への警戒感から新興国資産が特に軟調な一方で、米国株式は好調で一人勝ちになっています。

EXE-i グローバル中小型株式ファンド』も堅調な成績ではあるものの、米国株式インデックスファンドに対しては残念ながら劣勢になっています。

『楽天・全米株式インデックス・ファンド』や『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』は、大型株から小型株まで幅広くカバーしていて運用管理費用(信託報酬)も低廉です。

中小型株に重点的に投資したいなら有用な『EXE-i グローバル中小型株式ファンド』ですが、銘柄の分散という点では上記の投資信託でも十分かもしれないですね。

『EXE-i グローバル中小型株式ファンド』をニッセイ外国株式、eMAXIS Slim 先進国株式等と比較

つみたてNISA対象『EXE-i グローバル中小型株式ファンド』を楽天・全世界株式、野村つみたて外国株投信等と比較




関連記事
つみたてNISA対象の米国株式ファンド比較 楽天、eMAXIS Slim、iFree、SSGA、農林中金、フィデリティ

SBI米国中小型割安株ファンド(USリバイブ)をEXE-iグローバル中小型株式やiFree NYダウ等と比較

『楽天・全米株式インデックス・ファンド』の出足の成績を楽天・米国高配当株式、iFree S&P500・NYダウ、iFreeNEXT FANG+、SMT米国株配当貴族等と比較

楽天・全米株式より好成績?『netWIN ゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンド Bコース(為替ヘッジなし)』の特徴は?iFree S&P500やiFreeNEXT FANG+とも比較

Home

楽天Kobo3000万円をつくる投資信託術 サラリーマンのためのインデックス投資入門【電子書籍】[ 竹川美奈子 ]

Amazon Kindleはじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本【電子書籍】[ 竹内弘樹 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ集
ブログ村 資産運用(投資)
資産運用(投資)が話題のブログ集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ集

0 件のコメント