ハイリスク・ハイリターン?『iFreeNEXT NASDAQ100インデックス』同 FANG+、楽天・全米株式、S&P500指数/NYダウ連動型、先進国株式と実績比較・評価

2020年7月8日水曜日

米国株式

t f B! P L
『iFreeNEXT NASDAQ100インデックス』を競合と比較・評価・解説

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ

米国の新興企業向けの市場を対象にした『iFreeNEXT NASDAQ100インデックス』の特徴と運用実績を競合する米国株式インデックスファンドと比較してみました。

比較の対象は『iFreeNEXT FANG+インデックス』、『楽天・全米株式インデックス・ファンド』(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式))、『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』、『iFree NYダウ・インデックス』です。

参考までに『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』とも比べてみました。


iFreeNEXT NASDAQ100インデックスファンドほか特徴

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス』(大和AM)は、「NASDAQ100指数」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

NASDAQ(ナスダック)は米国にある世界最大の新興企業向けの株式市場です。米国以外の企業を含みハイテク(IT)関連銘柄の比率が高いのが特徴です。「NASDAQ100指数」は時価総額上位100銘柄(金融銘柄を除く)で構成されています。

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス 業種別構成比(情報技術、コミュニケーション・サービス、一般消費財・サービス)と組入上位10銘柄(アップル、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コムほか)
「株式 業種別構成比」外国投資信託・先物を除外
2020年5月末月報より

iFreeNEXT FANG+インデックス』(大和AM)は、「NYSE FANG+指数」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

同指数は、フェイスブック、アップル、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグル(アルファベット)、アリババ、バイドゥ、エヌビディア、テスラ、ツイッターの10社に等金額投資したポートフォリオで構成されています。

四半期(3・6・9・12月)ごとに等金額となるようリバランスを行ないます。

iFreeNEXT FANG+インデックス 業種別構成比(コミュニケーション・サービス、一般消費財・サービス、情報技術)と組入上位10銘柄(フェイスブック、ツイッター、エヌビディアほか)
「株式業種別構成比」外国投資信託・先物を除外
2020年5月末月報より

楽天・全米株式インデックス・ファンド』(楽天投信投資顧問)は、米国株式市場の投資可能な銘柄のほぼ100%をカバーした「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

楽天・全米株式インデックス・ファンド 業種別構成比(テクノロジー、金融、ヘルスケアほか)と組入上位10銘柄(マイクロソフト、アップル、アマゾン・ドット・コムほか)
2020年4月末現在(同年5月末月報より)

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』(三菱UFJ国際投信)は、米国株式市場の時価総額のおよそ8割を占める大型株約500銘柄を対象とした「S&P500指数」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 組入上位10業種(ソフトウェア・サービス、メディア・娯楽、医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンスほか)と組入上位10銘柄(マイクロソフト、アップル、アマゾン・ドット・コムほか)
2020年5月末月報より

iFree NYダウ・インデックス』(大和投資信託)は、米国を代表する優良30銘柄を対象とした「ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

iFree NYダウ・インデックス 業種別構成比(情報技術、ヘルスケア、資本財・サービスほか)と組入上位10銘柄(アップル、ユナイテッド・ヘルスグループ、ホーム・デポほか)
「株式業種別構成比」外国投資信託・先物を除外
2020年6月末月報より

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』(三菱UFJ国際投信)は、日本を除く先進国の株式市場を対象にした「MSCIコクサイ・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 組入上位10業種(ソフトウェア・サービス、医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス、メディア・娯楽ほか)と組入上位10銘柄(アップル、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コムほか)
2020年5月末月報より

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 組入上位10ヵ国・地域(アメリカ、イギリス、フランスほか)
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
国・地域別構成比 2020年5月末月報より

今回、取り上げた投資信託は、原則として為替リスクを回避するための為替ヘッジを行いません。信託期間は、すべて無期限です。


米国株式インデックスファンド等の実績比較

下のチャートは『iFreeNEXT NASDAQ100インデックス』設定来1年10ヵ月強(2018年8月31日~2020年7月7日)の基準価額の推移を競合と比べたものです。

比較しやすいよう起点の基準価額を1万円に統一しています。

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス、iFreeNEXT FANG+インデックス、楽天・全米株式インデックス・ファンド、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、iFree NYダウ・インデックス、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの基準価額の推移(チャート)
基準価額の推移 2018年8月31日~2020年7月7日
過去の実績は将来を保証するものではありません

騰落率の比較は下の表の通りです(2020年7月7日現在)。

2020年の調整局面の上昇率は3月の底から7月7日までの数字、2020年の調整局面の下落率は2月の天井から3月の底までの数字、2018年の調整局面の下落率は10月の天井から12月の底までの数字、設定来騰落率は1年10ヵ月強の数字です。

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス、iFreeNEXT FANG+インデックス、楽天・全米株式インデックス・ファンド、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、iFree NYダウ・インデックス、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの騰落率
2020年7月7日現在
過去の実績は将来を保証するものではありません

いち早く上昇に転じた米ナスダック総合指数 ~次代をけん引する「次のGAFAM」を探し出せ~(日興AM)

米株式市場に富の偏在-時価総額に占める上位5社の割合が過去最大に(ブルームバーグ)

過去1年、設定来の騰落率で『iFreeNEXT NASDAQ100インデックス』や『iFreeNEXT FANG+インデックス』が優勢なのは、ハイテク大手が経済動向に関わらず比較的盤石な銘柄として選好された面もあるようです。

信託報酬(運用管理費用)と純資産総額は下記の通りです(2020年7月7日現在)。

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス、iFreeNEXT FANG+インデックス、楽天・全米株式インデックス・ファンド、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)、iFree NYダウ・インデックス、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの信託報酬と純資産総額
2020年7月7日現在


iFreeNEXT NASDAQ100インデックス まとめ

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス』は比較的低コストで米国の新興企業向けの株式市場に投資できる点が魅力ですよね。

『iFreeNEXT FANG+インデックス』に比べれば銘柄も業種も分散されています。

ハイリスク・ハイリターンと言われる「NASDAQ100指数」の過去のパフォーマンスは飛び抜けています。

米国主要株式指数の推移
出典:楽天証券トウシル
はじめて米国株に投資する方も!ETFで分散投資
図1より引用
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/22661

ただし、過去のデータは将来の運用成績を保証するものではありません。

IT、バイオテクノロジー、医療など最先端の分野は成長期待が高いだけに、業績の伸びが鈍れば割高感が強まり一気に崩れかねない心配もあります。

コロナショックはバイオや医療関連の銘柄への注目度を高めたり、財務体質の健全なハイテク大手への選好を強めたりする結果になっているようですが、企業業績の悪化が予想される中、株価の割高感も指摘されています。

割高感と当面先の業績相場入りで上値重く(PDF/J.P.モルガン)

いずれまたハイテク貿易摩擦や独占禁止法をめぐる問題が再燃しないかも気になるところかもしれませんね。

ハイテク、生活必需品が時価総額上位に 『米国会社四季報』ランキング2(東洋経済新報社) 

積立投資の成績は下の記事も参考にしてください。

米国新興市場に積立投資『iFreeNEXT NASDAQ100インデックス』楽天・全米株式やeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)と実績比較・評価

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス』を先進国株式インデックスファンドと組み合わせた場合の運用実績は下の記事を参考にしてください。

ポストコロナに適応する? 先進国株式/米国株式(NASDAQ100)インデックスファンドに半分ずつ投資した運用実績を評価




おすすめ記事

米国株式インデックスファンドレバレッジ型の運用実績の比較については下の記事も参考にしてください。

天国から地獄? 米国株式(S&P500/NASDAQ100)インデックスファンドをレバレッジ型と比較・評価 株価急落時の値動きは?

ゲーム&eスポーツ」をテーマにした投信と米国株式インデックスファンドの比較は下の記事を参考にしてください。

巣ごもり消費も追い風『iFreeActive ゲーム&eスポーツ』楽天・全世界株式や楽天・全米株式と実績比較・評価 エヌビディア、AMD、任天堂、ビリビリなどを組み入れたアクティブファンドの実力は?




Home

Amazon投資の大原則[第2版] 人生を豊かにするためのヒント【電子書籍】[ バートン・マルキール、チャールズ・エリス ]

楽天Kobo10年後のGAFAを探せ 世界を変える100社【電子書籍】

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ
ブログ村 米国株
米国株が話題のブログ

注目の記事

オルカンの中身は世界経済や株式市場の状況により変化する/全世界株、先進国株、国内株、米国株(S&P500)、新興国株 各インデックスファンドの成績

世界株式インデックスファンドのベンチマークについて解説した日興アセットマネジメントの記事を紹介しています。 また主だった インデックスファンドの2024年6月末時点の成績 を確認しています。

よく読まれている人気記事

QooQ