巣ごもり消費も追い風『iFreeActive ゲーム&eスポーツ』楽天・全世界株式や楽天・全米株式と実績比較・評価 エヌビディア、AMD、任天堂、スクウェア・エニックスなどを組み入れたアクティブファンドの実力は?

2020年10月16日金曜日

全世界株式 米国株式

t f B! P L

『iFreeActive ゲーム&eスポーツ』インデックスファンドと実績比較・評価

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ

巣ごもり消費で追い風を受ける『iFreeActive ゲーム&eスポーツ』の運用実績を全世界株式および米国株式インデックスファンドと比較してみました。

比較の対象は『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』と『楽天・全米株式インデックス・ファンド』です。


iFreeActive ゲーム&eスポーツ、楽天・全世界/全米株式の特徴

アクティブ運用の『iFreeActive ゲーム&eスポーツ』(大和アセットマネジメント)は、日本を含む世界の「ゲームおよびeスポーツ」関連株式に投資します。

2020年9月末現在、エヌビディア(米)、AMD(米)、テイクツー・インタラクティブ(米)、アクティビジョン・ブリザード(米)、任天堂(日)、パーフェクトワールド(中)、ネットイース(中)、テンセント(中)、ビリビリ(中)、スクウェア・エニックス・HD(日)など20銘柄を組み入れています。

投資信託を保有中の運用管理費用(年率)は税込1.221%です。信託期間は2028年1月28日までです。

iFreeActive ゲーム&eスポーツ 業種別構成比と国別構成比

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))』(楽天投信投資顧問)は、日本を含む世界の株式市場を対象にした「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

運用管理費用(年率)は税込0.212%程度です。信託期間は無期限です。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド 業種別構成比と国・地域別構成比

楽天・全米株式インデックス・ファンド(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式))』(楽天投信投資顧問)は、米国株式市場の投資可能な銘柄のほぼ100%をカバーした「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

運用管理費用(年率)は税込0.162%程度です。信託期間は無期限です。

楽天・全米株式インデックス・ファンド 業種別構成比

今回、取り上げた投資信託は原則として為替ヘッジは行いません。


iFreeActive ゲーム&eスポーツ、楽天・全世界/全米株式の成績

下のチャートは『iFreeActive ゲーム&eスポーツ』設定来2年8ヵ月半の期間(2018年1月31日~2020年10月15日)で基準価額の推移を比べたものです。

比較しやすいよう起点の基準価額を1万円に統一しています。

iFreeActive ゲーム&eスポーツ、楽天・全世界株式、楽天・全米株式の基準価額の推移(チャート)

iFreeActive ゲーム&eスポーツ』ほか騰落率の比較は下の表の通りです(2020年10月15日現在)。

コロナショック下の調整局面の下落率は2020年2月20日~同年3月17日(楽天・全世界株式/全米株式は同年2月21日~同年3月24日)の数字、設定来騰落率は2年8ヵ月半の数字です。

iFreeActive ゲーム&eスポーツ、楽天・全世界株式、楽天・全米株式の基準価額の推移(チャート)

特集:巣ごもり特需、PS5、eSports、転機を迎える家庭用ゲーム業界(任天堂、ソニー、カプコン)(楽天証券トウシル)

任天堂、驚異的な増収増益で“繁栄”再来…スイッチ・PS5効果でゲーム業界が空前の活況(ビジネスジャーナル)

低コストなインデックスファンドに慣れていると、『iFreeActive ゲーム&eスポーツ』の運用管理費用(年率/税込1.221%)は若干割高に感じられるでしょうか。

直近は「巣ごもり消費」が追い風になって好調でも、いつ風向きが変わるか、高値づかみにならないか、ちょっと怖い気もしてしまいます。

「eスポーツ」の盛り上がり次第では意外に息の長い投資テーマになりうるのか興味は引かれるものの、目先の成績やニュースで安易に判断すると痛い目にあうこともあるかもしれませんね。

2022年にプレイヤー、観戦者の数は6億人に!コロナ禍でも成長し続けるeスポーツの魅力(@DIME)



おすすめ記事

iFreeActive ゲーム&eスポーツ』とNASDAQ100/S&P500連動型の比較は下の記事を参考にしてください。

NASDAQ100/S&P500連動型と比較・評価『iFreeActive ゲーム&eスポーツ』エヌビディア、AMD、テンセント、ネットイース、任天堂などを組み入れたアクティブファンドの実力は?



Home

Amazon新・投資信託にだまされるな!買うべき投信、買ってはいけない投信【電子書籍】[ 竹川美奈子 ]

楽天ブックスあつまれ どうぶつの森

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ
ブログ村 米国株
米国株が話題のブログ

注目の記事

天国から地獄? 米国株式(S&P500/NASDAQ100)インデックスファンドをレバレッジ型と比較・評価 株価急落時の値動きは?

『 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 』( 三菱UFJ国際投信 )と『 iFreeNEXT NASDAQ100インデックス 』( 大和AM )の 運用実績をレバレッジ型ファンドと比較 してみました。 比較対象の『iFreeレバレッジ S&P500』(...

よく読まれている人気記事

ブログ記事 検索

QooQ