「eMAXIS Slim」シリーズが利用できる松井証券のiDeCoの主要な投資信託の信託報酬と運用実績は?SBI証券と比較


個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入すると、掛金が所得控除の対象となり、所得税と住民税が軽減されます

私も税制優遇を目あてにSBI証券でiDeCoを始めましたが、「eMAXIS Slim」シリーズの登場と信託報酬(運用管理費用)の大胆な引き下げにより、SBI証券のiDeCoの品ぞろえは見劣りするようになってしまいました。

iDeCoで「eMAXIS Slim」シリーズが利用できる松井証券の主要な投資信託のラインナップを、SBI証券と比較してみました。

先進国株式、新興国株式、国内株式、バランスファンド比較

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス、DCニッセイ外国株式インデックス、eMAXIS Slim 新興国株式インデックス、三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド、DIAM DC 国内株式インデックスファンド、三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)、iFree 8資産バランス、ひふみ年金
2018年5月11日現在
過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません

太字の上段松井証券の商品ラインナップ(主要な投資信託のみ)で、下段がそれに対応する資産クラスのSBI証券の商品ラインナップです。

松井証券の商品ラインナップのほうが信託報酬(運用管理費用)が低廉で、特に新興国株式は差が大きいですね。

類似の指数に連動するインデックスファンドを比較していますが、バランスファンドは新興国株式部分のみベンチマークとする指数が異なります。

『ひふみ年金』は松井証券とSBI証券の両方で取り扱っているアクティブ運用の投資信託です。

『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』の信託報酬率が大幅に引き下げられたのは、2018年1月30日です(税抜0.1890%→税抜0.1095%)。

『eMAXIS Slim 新興国株式インデックス』の信託報酬率が大幅に引き下げられたのは、2017年12月13日です(税抜0.3390%→税抜0.1900%)。運用期間はまだ1年に達していません。

まとめ

個人型確定拠出年金(iDeCo)は金融機関ごとに商品ラインナップが異なっているので、事前の確認が必要です。

最低水準の運用コストをめざすことをうたった「eMAXIS Slim」シリーズが利用できる松井証券のiDeCoの商品ラインナップは魅力的で、これから金融機関を選ぶのであれば有力な候補になりそうです。

国民年金基金連合会のiDeCo公式サイトの「かんたん税制優遇シミュレーション」によれば、年収500万円の人が20歳から毎月23,000円をiDeCoで拠出した場合、1年の軽減額は55,200円で、40年の累計では220.8万の節税になります。

年収300万円の人が20歳から毎月23,000円をiDeCoで拠出した場合は、1年の軽減額は41,400円で、40年の累計では165.6万円の節税になります。


こぼれ話
iDeCoの加入時には各社共通で税込2,777円(国民年金基金連合会へ支払)の手数料がかかります。

また加入後に毎月、税込167円(国民年金基金連合会と信託銀行へ支払)の手数料がかかります。このほかに金融機関への手数料が発生します(松井証券のiDeCoの場合は毎月の運営管理手数料は無料)。







関連記事
eMAXIS Slimにも投資可能!SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)に新プラン登場 商品ラインナップと主な商品の実績は?

書評『お金は寝かせて増やしなさい』(水瀬ケンイチ)株式市場が軟調で先行きが不安な人にこそ読んで欲しい?

書評『3000万円をつくる投資信託術』(竹川美奈子)『毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術』(カン・チュンド)基本が大事?

NISA iDeCo シンプルに投資信託一本で行くなら 先進国株式インデックス投信で攻める?

Home

楽天Kobo個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門【電子書籍】[ 竹川美奈子 ]

Amazon Kindle「iDeCo」で自分年金をつくる【電子書籍】[ 朝倉智也 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ集
ブログ村 資産運用
資産運用が話題のブログ集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

0 件のコメント