『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』比較 特徴と成績は?

楽天・全世界株式インデックス・ファンドを先進国株式インデックスファンドと比較(ポーランド)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

※ 記事を更新しました(2018年10月12日)。

全世界の株式に幅広く投資する『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』(楽天投信投資顧問)の特徴と運用実績を先進国株式インデックスファンドと比較してみました。

比較の対象は『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』です。


楽天・全世界株式インデックス・ファンドほか特徴は?

楽天・全世界株式インデックス・ファンド』(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))は、日本を含む先進国と新興国合わせて世界47ヵ国の株式市場を対象にした「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド 業種別構成比と組入上位10銘柄
実質的な投資対象ファンドVTのポートフォリオ
2018年7月末現在(同年8月末月報より)

楽天・全世界株式インデックス・ファンド 組入上位10ヵ国
2018年7月末現在(同年8月末月報より)

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』は、日本を除く主要先進国22ヵ国の株式市場を対象にした「MSCI コクサイ・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 組入上位10業種と組入上位10銘柄
2018年9月末月報より

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 組入上位10ヵ国
2018年9月末月報より

今回、取り上げた投資信託は原則として為替ヘッジを行いません。信託期間はどちらも無期限です。


楽天・全世界株式インデックス・ファンドほか費用

投資信託を保有中の運用管理費用(信託報酬)は下記の通りです。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド
税込0.22960%(年率)

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
税込0.11772%(年率)
上記の投資信託は購入時手数料や解約時の信託財産留保額はありません。

『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の諸経費を含めた実質コストは、初回の決算では純資産総額が急増した影響もあり、0.5%前後(年率)と高めに出ていました。

『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』の実質コストは0.2%弱(年率)です。

『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の実質コストと運用実績をeMAXIS Slimと比較



楽天・全世界株式インデックス・ファンドほか運用実績

下のグラフは、『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』設定来(2017年9月29日~2018年10月11日)の基準価額の値動きを比較したものです(起点の基準価額を1万円に統一)。

直近の株式市場は米国の長期金利上昇や貿易摩擦への警戒感から急落しています。

楽天・全世界株式インデックス・ファンドとeMAXIS Slim 先進国株式インデックスの基準価額の値動き
基準価額の値動き
2017年9月29日~2018年10月11日
過去の実績は将来の成績を保証するものではありません

上記の期間の運用実績では、新興国資産が特に軟調なこともあり『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』より『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』のほうが優勢です。

下の表は両者の基準価額の騰落率を比べたものです。

楽天・全世界株式インデックス・ファンドとeMAXIS Slim 先進国株式インデックスの騰落率
2018年10月11日現在
過去の実績は将来の成績を保証するものではありません


まとめ

運用実績が振るわないと、リターンの低い特定の地域を外してもいいのでは?という疑問も浮かびがちですよね。

国内株式や新興国株式はいる?いらない?先進国株式のみと全世界株式のリターンとリスクを比較

とはいえ好不調の波は目まぐるしく入れ替わるものですし、つみたてNISAのように長期だと、少子高齢化の影響で先進国の比重が縮小したり逆に経済成長著しい新興国の比重が高まったり、地域別構成比に変化があるかもしれません

取りこぼしがないという意味では、やはり全世界株式のほうが安心感があるでしょうか。

世界経済に対するG7とE7の予測 GDPシェア(2016年から2050年まで)

G7(カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国)

E7(ブラジル、中国、インド、インドネシア、メキシコ、ロシア、トルコ)

出典:PwC「2050年の世界 長期的な経済展望:世界の経済秩序は2050年までにどう変化するのか?」(PDF)6ページより引用




こぼれ話
2018年10月12日現在、『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の販売会社はHS証券、SBI証券、岡三オンライン証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、立花証券(ネットトレード ストックハウス)、栃木銀行、フィデリティ証券、松井証券マネックス証券楽天証券です。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』の販売会社は岩井コスモ証券(インターネット専用)、SMBC日興証券(ダイレクトコース専用)、SBI証券、岡三オンライン証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、ジャパンネット銀行、松井証券マネックス証券楽天証券です。




関連記事
eMAXIS Slim 先進国、国内、新興国株式の組み合わせを楽天やSBI等の全世界株式と比較

信託報酬率引き下げ!<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式の実績は?eMAXIS Slim、たわら、楽天・全世界株式、全米株式等と比較

『楽天・全米株式インデックス・ファンド』『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』比較 特徴と成績は?

つみたてNISA対象ファンド比較『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』『同 先進国株式インデックス』

Home

楽天Kobo「米中経済戦争」の内実を読み解く【電子書籍】[ 津上俊哉 ]

Amazon Kindleアメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書【電子書籍】[ 山岡道男 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ集
ブログ村 資産運用(投資)
資産運用(投資)が話題のブログ集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ集

0 件のコメント