Slider Tag

つみたてNISA対象ファンド比較『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』

つみたてNISA対象ファンド比較『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

※ 記事を更新しました(2018年9月26日)。

新興国も含めた世界各国の株式にまとめて投資できるeMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』と『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))の特徴を比較してみました。


より幅広く分散しているのは?

楽天・全世界株式インデックス・ファンド』のほうがより幅広い銘柄に分散しています。

『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の構成比や銘柄数は、同ファンドの実質的な投資対象である「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(VT)の数字です。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)と楽天・全世界株式インデックス・ファンドの組入上位5ヵ国
組入上位5ヵ国
eMAXIS Slim~は2018年8月末現在
楽天・全世界株式~は7月末現在

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』が日本を含まないのに対し、『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』は日本を含む世界各国の株式を投資対象にしています。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)と楽天・全世界株式インデックス・ファンドの組入銘柄数
eMAXIS Slim~は2018年8月末現在
楽天・全世界株式~は2018年7月末現在

上のグラフは組入銘柄数を比較したものです。日本株の有無を考慮してもかなりの差がありますね。

大型株と中型株に投資する『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』は、日本を除く世界の投資可能な市場時価総額のおよそ85%をカバーしています。

大型株から小型株まで網羅した『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』は、全世界の投資可能な市場時価総額の98%以上を幅広くカバーしています。


より低コストなのは?

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』のほうが低廉です。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)と楽天・全世界株式インデックス・ファンドの費用
楽天・全世界株式~は投資対象のETFの費用を含めた実質

『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』はまだ決算前ですが、『eMAXIS 全世界株式インデックス』の運用報告書から諸経費を加えた実質コスト(年率)を推計すると0.2344%程度です。

『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』も運用報告書から実質コスト(年率)を推計すると0.4800%~0.5020%程度です。

投資信託を100万円分保有していたとすると、単純計算で『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』は毎年およそ2,300円前後の負担、『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』は毎年およそ5,000前後の負担です。

参考記事
『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の実質コストと運用実績をeMAXIS Slimと比較

『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』に日本株(TOPIX連動型)を付け加えるなら、2018年7月10日現在、『eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)』と『<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド』の信託報酬(年率)が税込0.17172%で最安です。


純資産総額が大きいのは?

楽天・全世界株式インデックス・ファンド』のほうが純資産総額が大きいです。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)と楽天・全世界株式インデックス・ファンドの純資産総額
2018年9月25日現在

2018年9月26日現在、『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』の販売会社は岩井コスモ証券(インターネット専用)、SMBC日興証券(ダイレクトコース専用)、SBI証券、岡三オンライン証券、カブドットコム証券、松井証券マネックス証券楽天証券です。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の販売会社はHS証券、SBI証券、岡三オンライン証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、立花証券(ネットトレード ストックハウス)、栃木銀行、フィデリティ証券、松井証券マネックス証券楽天証券です。



運用実績はどちらが優勢?

運用実績は僅差で、一概にどちらが優勢とも言いにくいです。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)と楽天・全世界株式インデックス・ファンドの基準価額の値動き
基準価額の値動き 2018年3月19日~同年9月25日
過去の実績は将来の成績を保証するものではありません

上のグラフは、『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』設定来(2018年3月19日~同年9月25日)の基準価額の値動きを比較したものです(起点の基準価額を1万円に統一)。

過去3ヵ月、設定来約6ヵ月の騰落率では、『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』のほうが僅差で上回っています。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)と楽天・全世界株式インデックス・ファンドの騰落率
2018年9月25日現在
過去の実績は将来の成績を保証するものではありません

表の最下段は、参考までに『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』90%:『eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)』10%で組み合わせた場合の騰落率を示しています。

あくまで短期間の比較であることに留意してください。

運用目標のベンチマークが異なるとはいえ、『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』も『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』も信託報酬は比較的低廉で投資先も分散されています。極端な差はつきにくいのではとも思いますが、日本株や小型株の有無によって好調な時期、不調な時期が多少はありそうですね。

理論に基づかない経験則の一種として、株式の時価総額が小さい小型株のほうが収益率が高くなりやすいという「小型株効果」が知られているものの、肯定する見解も否定する見解も諸説あり過剰な期待は禁物でしょうか。


まとめ

『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』も『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』も、投資信託1本で新興国も含めた世界各国の株式に手軽に投資することができます

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』は日本株が含まれていませんが、少子高齢化による人口減少の影響が懸念される日本を投資対象から外したいという方も少なくないかもしれませんね。

あるいは銘柄を選別した国内株式のアクティブファンドと組み合わせてみたいというニーズもあるでしょうか。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド』は日本を含む全世界の大型株から小型株までまとめて投資できます

『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』はすでに純資産総額が130億円を超えていますが、『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』も途中で繰上償還されることのないよう資産規模が順調に成長してくれることを祈ります。

つみたてNISA対象ファンド比較『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』『同 先進国株式インデックス』

つみたてNISA対象ファンド比較『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』『楽天・全米株式インデックス・ファンド』

つみたてNISA対象ファンド比較『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』『同(3地域均等型)』




つみたてNISAガイドブックほか

2018年から始まる「つみたてNISA」については金融庁のリーフレット(PDF)や「つみたてNISA早わかりガイドブック」(PDF)がわかりやすいです。

制度が導入された背景も含めて詳しく知りたい場合は「導入直前!「つみたてNISA」の制度説明」(PDF)を参照してください。

金融庁が「つみたてNISA対象商品届出一覧」公表 各指数で信託報酬が最安値の投資信託は?


毎月1万円ずつ積み立てたら今いくら?

2018年1月から毎月1万円の積立投資に挑戦した場合の通算成績をシミュレーションしてみました。

インデックス投信『楽天・全世界株式』『楽天・全米株式』毎月1万円ずつ積み立てたら今いくら?

『iFree S&P500』『楽天・全米株式』『フィデリティ・米国優良株』つみたてNISAで毎月1万円ずつ積み立てたら今いくら?先進国株式インデックスファンドとも比較

eMAXIS Slim 国内、先進国、新興国株式をつみたてNISAで毎月1万円ずつ積み立てたら今いくら?

バランスファンドをつみたてNISAで毎月1万円ずつ積み立てたら今いくら?4資産均等型、8資産均等型、世界経済インデックスファンド




関連記事
『eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)』の出足の成績を同(除く日本)、楽天・全世界株式、全米株式と比較

運用実績と実質コスト比較『野村つみたて外国株投信』『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』

『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』を野村つみたて外国株投信とeMAXIS Slimやひふみプラスの組み合わせと比較

『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の出足の成績は?競合する全世界株式投信と比較(EXE-i つみたて、eMAXIS Slim、野村ほか)

eMAXIS Slim 先進国、国内、新興国株式の組み合わせを楽天やEXE-iつみたて等の全世界株式と比較

『楽天・全米株式インデックス・ファンド』の出足の成績を楽天・米国高配当株式、iFree S&P500・NYダウ、iFreeNEXT FANG+、SMT米国株配当貴族等と比較

Home

楽天Kobo臆病な人でもうまくいく投資法 お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話【電子書籍】[ 竹川美奈子 ]

Amazon Kindleはじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本【電子書籍】[ 竹内弘樹 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ集
ブログ村 資産運用(投資)
資産運用(投資)が話題のブログ集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ集

0 件のコメント