つみたてNISA対象ファンド比較『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』

つみたてNISA対象ファンド比較・評価・解説『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

※ 記事を更新しました(2019年1月21日)。

新興国も含めた世界各国の株式にまとめて投資できる『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』と『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))の特徴と実績を比較してみました。

どちらも、つみたてNISA対象商品です。つみたてNISAについては金融庁のリーフレット(PDF)や「つみたてNISA早わかりガイドブック」(PDF)がわかりやすいです。


全世界株式の特徴

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』は、日本を除く世界の株式市場を対象にした「MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

ベンチマークの指数は、日本を除く先進国と新興国合せて46ヵ国の大型株と中型株で構成されています。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 組入上位国・地域と組入上位銘柄
2018年12月末月報より

楽天・全世界株式インデックス・ファンド』(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))は、日本を含む世界の株式市場を対象にした「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

ベンチマークの指数は、日本を含む先進国と新興国合せて48ヵ国の大型株、中型株、小型株で構成されています。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド 組入上位10ヵ国・地域と組入上位10銘柄
2018年11月末現在(同年12月末月報より)

今回取り上げた投資信託は、原則として為替リスクを回避するための為替ヘッジを行いません。信託期間はすべて無期限です。


全世界株式の費用

投資信託を保有中の運用管理費用(信託報酬)は下記の通りです。どちらも年率(税込)です。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
0.15336%

楽天・全世界株式インデックス・ファンド
0.22960%

どちらも購入時手数料や解約時の信託財産留保額はありません。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』はまだ決算前ですが、『eMAXIS 全世界株式インデックス』の第8期の運用報告書から諸経費を加えた実質コスト(年率)を推計すると0.2344%程度です。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド』は第1期の運用報告書から実質コスト(年率)を推計すると0.4800%~0.5020%程度です。

投資信託を100万円分保有していたとすると、単純計算で『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』は毎年およそ2,300円前後の負担、『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』は毎年およそ5,000前後の負担です。

参考記事

公表された途中経過から実質コストを再計算『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)とどちらが低コスト?


全世界株式の実績

後発の『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』設定来の基準価額の推移(2018年3月19日~2019年1月18日)は下記の通りです。

比較しやすいよう起点の基準価額を1万円に統一していますが、『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』と『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の値動きは、ほぼ重なっています。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)と楽天・全世界株式インデックス・ファンドの基準価額の推移
基準価額の推移
2018年3月19日~2019年1月18日
過去の実績は将来の成績を保証するものではありません

騰落率の比較は下の表の通りです。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)と楽天・全世界株式インデックス・ファンドの騰落率
2019年1月18日現在
過去の実績は将来の成績を保証するものではありません

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』(2018年3月19日設定)は運用開始からまだ日が浅く、あくまで短期間の比較であることに留意してください。

運用目標のベンチマークが異なるとはいえ、『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』も『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』も信託報酬は比較的低廉で投資先も分散されています。

運用成績に極端な差はつきにくいのではとも思いますが、日本株や小型株の有無によって好調な時期、不調な時期が多少はあるかもしれませんね。

理論に基づかない経験則の一種として、株式の時価総額が小さい小型株のほうが収益率が高くなりやすいという「小型株効果」が知られているものの、肯定する見解も否定する見解も諸説あり過剰な期待は禁物でしょうか。

参考記事

つみたてNISA対象ファンド比較『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』『同 先進国株式インデックス』

つみたてNISA対象ファンド比較『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』『楽天・全米株式インデックス・ファンド』

つみたてNISA対象ファンド比較『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』『同(3地域均等型)』


まとめ

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』も『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』も、投資信託1本で新興国も含めた世界各国の株式に手軽に投資することができます。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』は日本株が含まれていませんが、少子高齢化による人口減少の影響が懸念される日本を投資対象から外したいという人も少なくないかもしれませんね。

あるいは銘柄を選別した国内株式のアクティブファンドと組み合わせてみたいというニーズもあるでしょうか。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド』は日本を含む全世界の大型株から小型株までまとめて投資できます

どちらの投資信託も株式を投資対象にしていますから、債券を含むバランスファンドに比べれば値動きは大きめです。預貯金等の安全資産の確保も忘れないようにしたいですね。




こぼれ話


2019年1月21日現在、『eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)』の販売会社は岩井コスモ証券(インターネット専用)、SMBC日興証券(ダイレクトコース専用)、SBI証券、岡三オンライン証券、カブドットコム証券、フィデリティ証券、松井証券マネックス証券楽天証券です。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の販売会社はHS証券、SBI証券、岡三オンライン証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、損保ジャパン日本興亜DC証券(確定拠出年金)、立花証券(ネットトレード ストックハウス)、栃木銀行、フィデリティ証券、松井証券マネックス証券楽天証券です。




Home

楽天Kobo臆病な人でもうまくいく投資法 お金の悩みから解放された11人の投信投資家の話【電子書籍】[ 竹川美奈子 ]

Amazonはじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本【電子書籍】[ 竹内弘樹 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ
ブログ村 米国株
米国株が話題のブログ

0 件のコメント