『楽天・全米株式インデックス・ファンド』『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』比較 特徴と成績は?

楽天・全米株式インデックス・ファンドを先進国株式インデックスファンドと比較

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

※ 記事を更新しました(2018年10月10日)。

米国の大型株から小型株まで幅広くカバーする『楽天・全米株式インデックス・ファンド』(楽天投信投資顧問)の特徴と運用実績を先進国株式インデックスファンドと比較してみました。

比較の対象は『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』です。


楽天・全米株式インデックス・ファンドほか特徴は?

楽天・全米株式インデックス・ファンド』(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式))は、米国株式市場の投資可能な銘柄のほぼ100%をカバーした「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

実質的な投資対象である「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」は、米国の大型株、中型株、小型株、合わせて3,627銘柄を組み入れています(2018年7月末現在)。

楽天・全米株式インデックス・ファンド 業種別構成比と組入上位10銘柄
2018年7月末現在(同年8月末月報より)

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』は、日本を除く主要先進国の株式市場を対象にした「MSCI コクサイ・インデックス」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

同指数は北米、欧州、アジア・オセアニア、中東の22か国の大型株と中型株で構成されています。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 組入上位10業種と組入上位10銘柄
2018年8月末月報より

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 組入上位10ヵ国
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
2018年8月末月報より

今回、取り上げた投資信託は、原則として為替リスクを回避するための為替ヘッジを行いません。信託期間は、どちらも無期限です。


楽天・全米株式インデックス・ファンドほか費用

投資信託を保有中の運用管理費用(信託報酬)は下記の通りです。どちらも購入時手数料や解約時の信託財産留保額はありません。

楽天・全米株式インデックス・ファンド
年0.16960%(税込)程度
※ 投資対象ファンドの報酬を加味した概算値です。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
年0.11772%(税込)

初回の運用報告書では『楽天・全米株式インデックス・ファンド』の実質コストは年0.3%前後と高めに出ています。

『楽天・全米株式』『楽天・米国高配当株式』実質コストと運用実績を競合する米国株投信と比較

2018年10月5日付で楽天投信投資顧問が「運用報告書「1万口当たりの費用明細」の内容について」という文書を公開し、『楽天・全米株式インデックス・ファンド』等の費用明細のうち売買委託手数料の金額が相対的に大きめだった理由について解説しています。

ファンドの新規設定に伴う純資産総額の急拡大が一因であり、資産規模が大きくなったことにより割高な状況は徐々に改善されていく見込みだそうです。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』の実質コストは年0.2%弱です。

『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の実質コストと運用実績をeMAXIS Slimと比較


楽天・全米株式インデックス・ファンドほか運用実績

下のグラフは過去1年間(2017年9月末~2018年9月末)の基準価額の値動きを比べたものです。比較しやすいよう起点の基準価額を1万円に統一しています。

楽天・全米株式インデックス・ファンドとeMAXIS Slim 先進国株式インデックスの基準価額の値動き
基準価額の値動き(月末ベース)
過去の実績は将来の成績を保証するものではありません

下の表は両者の基準価額の騰落率を比べたものです(2018年10月9日現在)。

楽天・全米株式インデックス・ファンドとeMAXIS Slim 先進国株式インデックスの騰落率
2018年10月9日現在
過去の実績は将来の成績を保証するものではありません

上記の期間の運用実績では、『楽天・全米株式インデックス・ファンド』のほうが優勢です。

設定から日が浅いため短期間の比較であることに留意してください。


まとめ

米国のみを対象にした『楽天・全米株式インデックス・ファンド』に対し、『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』は主要先進国22ヵ国をカバーしています。

その一方で『楽天・全米株式インデックス・ファンド』は大型株から小型株まで網羅しており、銘柄数は『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』の約2.75倍にもなります。

国際的な競争力を持つ米国企業への期待感は大きいのか、後発の『楽天・全米株式インデックス・ファンド』(2017年9月29日設定)の純資産総額が『eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』(2017年2月27日設定)を追い抜いています。

米中貿易摩擦に対する警戒感から、株式市場は先行きが不透明になっています。対中貿易赤字が高付加価値分野でも米国の雇用を失わせたとの指摘もあり、問題の解決には時間がかかりそうです。

株式市場がいつ落ち着くのかは予測困難ですから、つみたてNISA等でコツコツと積み立てを継続していくのがいいのかもしれませんね。

出典:みずほ総合研究所「米中貿易摩擦は日本経済に どのような影響を及ぼすか」2Pより
https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/insight/jp170406.pdf

・みずほ総合研究所「米中貿易摩擦は日本経済に どのような影響を及ぼすか」(PDF)

過去5年間で基準価額が2倍超に上昇「米国株式インデックスファンド」を先進国株式や国内株式と比較




こぼれ話
2018年10月10日現在、『楽天・全米株式インデックス・ファンド』の販売会社は岩井コスモ証券、HS証券、SBI証券、岡三オンライン証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、立花証券(ネットトレード ストックハウス)、栃木銀行、フィデリティ証券、松井証券マネックス証券楽天証券です。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス』の販売会社は岩井コスモ証券(インターネット専用)、SMBC日興証券(ダイレクトコース専用)、SBI証券、岡三オンライン証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券、ジャパンネット銀行、松井証券マネックス証券楽天証券です。




関連記事
『楽天・全米株式インデックス・ファンド』の出足の成績を楽天・米国高配当株式、iFree S&P500・NYダウ、iFreeNEXT FANG+、SMT米国株配当貴族等と比較

実績比較『楽天・全世界株式』『楽天・全米株式』バンガード社は米国株価は過大評価と警告

『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の特徴と成績をiFree S&P500・NYダウ、楽天・全米株式等と比較

『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』をeMAXIS Slim 先進国株式やニッセイ外国株式等と比較

Home

楽天Kobo「米中経済戦争」の内実を読み解く【電子書籍】[ 津上俊哉 ]

Amazon Kindleアマゾンエフェクト!「究極の顧客戦略」に日本企業はどう立ち向かうか【電子書籍】[ 鈴木康弘 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ集
ブログ村 資産運用(投資)
資産運用(投資)が話題のブログ集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ集

0 件のコメント