『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』近日設定!S&P500連動型とひふみプラス等を1対1で投資した実績は?

S&P500連動型とひふみプラス等を1対1で投資した実績は?

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』が2018年7月3日に設定される予定です。

・三菱UFJ国際投信『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の設定について(PDF)

『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』と同じ「S&P500指数」連動型インデックスファンドと『ひふみプラス』や中小型株投信を1対1で投資した場合の運用実績を確認してみました。

今回、取り上げる投資信託は『iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド』、『iFree S&P500インデックス』、『ひふみプラス』、『eMAXIS JPX日経中小型インデックス』です。

ちなみに『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の販売会社はSBI証券楽天証券の予定です。


iFree S&P500インデックスほか特徴

iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド』と『iFree S&P500インデックス』は、米国株式市場の時価総額のおよそ8割を占める大型株約500銘柄を対象とした「S&P500指数」(円換算ベース・為替ヘッジなし)に連動する投資成果をめざします。

iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド 組入上位10業種と組入上位10銘柄
2018年5月末月報より
同ファンドの投資対象ETFのポートフォリオ

ひふみプラス』は、長期的な将来価値に対して市場価値が割安と考えられる成長企業に選別投資します。直販の『ひふみ投信』と同じマザーファンドを通じて運用されています。

国内だけでなく海外の企業にも投資先を広げています。外貨建資産は原則として為替ヘッジは行いません。

ひふみプラス 組入上位10業種と組入上位10銘柄
2018年5月末月報より

eMAXIS JPX日経中小型インデックス』は、「JPX日経中小型株指数」の値動きに連動する投資成果をめざします。

同指数は東京証券取引所の第一部、第二部、マザーズ、JASDAQから時価総額、売買代金、ROE(※)等を基に原則200銘柄を選定し算出されます。時価総額上位20%の大型株を除外しています。

※ ROEとは自己資本利益率のことで企業の収益力を示します。

eMAXIS JPX日経中小型インデックス 組入上位10業種と組入上位10銘柄
2018年5月末月報より

今回、取り上げた投資信託の信託期間は、すべて無期限です。

S&P500連動型とひふみプラス等を1対1で投資した運用実績は?

iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド、ひふみプラス、eMAXIS JPX日経中小型インデックス、<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
2018年6月21日現在

表中では一部名称を省略して表記しています(iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド → 米国株式など)。

『ひふみプラス』の信託報酬(運用管理費用・年率)は純資産総額500億円までは税込1.0584%、500億円を超える部分は税込0.9504%、1,000億円を超える部分は税込0.8424%です。

『eMAXIS JPX日経中小型インデックス』(2017年6月12日設定)のみ換金時に信託財産留保額として基準価額に0.3%かけた額が差し引かれます。

参考に付け加えた『<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド』は、日本を除く主要先進国の株式市場の値動きに連動する投資成果をめざすファンドです。

上記の期間では、米国株式(「S&P500指数」連動型)と『ひふみプラス』等の組み合わせは極めて良好な成績です

世界的な金融緩和やアベノミクスの恩恵もあるでしょうね。

iFree S&P500インデックス』(2017年8月31日設定)と『ひふみプラス』等の組み合わせの騰落率は下の表の通りです。表中では一部名称を省略して表記しています(iFree S&P500インデックス → S&P500など)。

iFree S&P500インデックス、ひふみプラス、eMAXIS JPX日経中小型インデックス、楽天・全米株式インデックス・ファンド
2018年6月21日現在
過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません

近日設定の『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』の信託報酬(運用管理費用)は年率で税込0.1728%です。

『ひふみプラス』(税込1.0584%)と1対1で組み合わせるなら信託報酬(年率)は税込0.6156%、『eMAXIS JPX日経中小型インデックス』と1対1で組み合わせるなら税込0.3024%です。

米国株式(「S&P500指数」連動型)と国内株式(TOPIX連動型日経平均株価連動型)を組み合わせた場合の実績は下の記事を参考にしてください。

『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』近日設定!S&P500連動型と国内株式を1対1で投資した実績は?

まとめ

「S&P500指数」は、つみたてNISAの指定インデックスに選ばれています。『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』も、つみたてNISA対象商品になる可能性が高いです。

アクティブ運用の『ひふみプラス』も、つみたてNISA対象商品です。『eMAXIS JPX日経中小型インデックス』は残念ながら対象商品ではありませんが、一般NISAでは投資可能です(つみたてNISAと一般NISAの併用はできません)。

つみたてNISAと一般NISA比較

※ 一般NISAは5年間の非課税期間が終わったら、翌年の新たな非課税投資枠に移して(ロールオーバーして)継続保有することもできます(5年+5年=10年)。

通常は分配金や値上がり益に課せられる約20%(20.315%)の税金がゼロになりますから、資産形成のためにNISA(少額投資非課税制度)をうまく活用したいですね。






関連記事
『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』近日設定!S&P500連動型をiFree NYダウや楽天・全米株式等と比較

『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』近日設定!S&P500連動型を楽天・全世界株式等と比較

『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』近日設定!S&P500連動型インデックス投信を先進国株式と比較(iFree  S&P500、iシェアーズ 米国株式、ニッセイ外国株式、eMAXIS Slim 先進国株式)

8資産均等型バランスファンドと米国株式を組み合わせた場合の運用実績は?(楽天・全米株式、iFree S&P500/NYダウほか)

『世界経済インデックスファンド』と米国株式を組み合わせた場合の運用実績は?(楽天・全米株式、iFree S&P500/NYダウほか)

『楽天・全米株式インデックス・ファンド』の出足の成績を楽天・米国高配当株式、iFree S&P500・NYダウ、iFreeNEXT FANG+、SMT米国株配当貴族等と比較

Home

楽天Koboアメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書【電子書籍】[ 山岡道男 ]

Amazon Kindleはじめての積立て投資1年生 月1万円からコツコツはじめて増やせるしくみがわかる本【電子書籍】[ 竹内弘樹 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ集
ブログ村 資産運用(投資)
資産運用(投資)が話題のブログ集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

0 件のコメント