『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』の純資産総額がiFree 8資産バランスを逆転 両者の成績と実質コストは?

eMAXIS Slim バランスの純資産総額が競合を逆転

※ 記事を更新しました(2018年1月14日)。

2017年11月22日、『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』の純資産総額は55.24億円に達し、『iFree 8資産バランス』の55.116億円を追い抜きました

『iFree 8資産バランス』の設定日が2016年9月8日なのに対し、『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』は約8ヵ月遅れの2017年5月9日設定で、それから6カ月強での逆転劇となりました。

同じ8資産均等型の競合ファンドや世界経済インデックスファンドも加えて特徴と運用成績を簡単にまとめてみました。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)ほか特徴は?

8資産均等型と世界経済インデックスファンド資産配分
世界経済インデックスファンドは2017年8月末現在

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』や今回比較の対象にした8資産均等型のバランスファンドは、いずれも国内外の株式、債券、REIT(不動産投資信託証券)に幅広く分散投資を行います。内外の比率は、国内資産37.5%海外資産62.5%です。

それぞれの資産のベンチマークは下の表のようになっています。

8資産均等型ベンチマーク一覧表
海外資産は円換算ベース

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』が一般的な指数を採用しているのに対し、『iFree 8資産バランス』は新興国株式に、『たわらノーロード バランス(8資産均等型)』は新興国債券に特徴があります。

『iFree 8資産バランス』の採用する「FTSE RAFI エマージング インデックス」は、新興国株式の中からファンダメンタル(株主資本、キャッシュフロー、売上、配当)に着目して銘柄の選定やウェイト付けを行う指数です。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』の採用する「JPモルガンGBI‐EMグローバル・ダイバーシファイド」は、新興国の現地通貨建て債券の値動きを測る指数です。

『たわらノーロード バランス(8資産均等型)の採用する「JPモルガン・エマージング・マーケット・ボンド・インデックス・プラス」は、新興国の米ドル建て債券の値動きを測る指数です。『たわらノーロード』では為替ヘッジなしですが、他社だと為替ヘッジ型の新興国債券インデックスファンドなどに採用されています。

世界経済インデックスファンド』は、国内、先進国、新興国の株式と債券に分散投資します。GDP総額比を参考にしているため内外の比率は国内資産10%海外資産90%と、海外資産の比率がかなり高めです。GDPシェアの変化に応じて、原則として年1回、地域別構成比の見直しを行う場合があります。

今回取り上げたファンドは為替変動リスクを回避するための為替ヘッジを原則として行いません。信託期間はすべて無期限です。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)ほか成績

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)ほか成績比較表
2018年1月12日現在
過去の実績は将来の運用成績を保証するものではありません

購入時手数料は上限の数字で販売会社によって異なり、ネット証券など無料の場合もあります。

上記の期間の騰落率では『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』が『iFree 8資産バランス』に対し優勢です。後発の『たわらノーロード バランス(8資産均等型)』や『SMT 8資産インデックスバランス・オープン』は純資産総額が大きく見劣りしています。

また『世界経済インデックスファンド』が8資産均等型を上回っています。上記の期間では株式が好調で、8資産均等型より『世界経済インデックスファンド』のほうが株式比率が高めなのが追い風になったのでしょうね。

まとめ

下の表は1万口当たりの費用明細です。『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』はまだ運用報告書が発行されていないため、代わりに『eMAXIS バランス(8資産均等型)』を取り上げています。

eMAXIS バランス(8資産均等型)、iFree 8資産バランス、世界経済インデックスファンドの1万口当たりの費用明細
項目ごとに小数第3位未満は四捨五入

iFree 8資産バランス』はその他費用のうち保管費用が特にかさんでいるため、実質コストが信託報酬の約1.77倍に達しています。実質コストは資産規模の影響が大きいと言われています。

『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』のほうが純資産総額の伸びに勢いがありますし、同ファンドは『eMAXIS バランス(8資産均等型)』ともマザーファンドを共有しています。

『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』と『iFree 8資産バランス』では見かけの信託報酬以上にコスト面で差がありそうです。

もし、仮に『eMAXIS バランス(8資産均等型)』の1万口当たりの費用明細から信託報酬だけ『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』(税込0.2268%)に置き換えた場合、実質コストは下記のようになります。

iFree(実質コスト0.4400%) > eMAXIS Slim(推計値0.2938%)

『iFree 8資産バランス』は第1期の決算なので来年はもう少し実質コストが下がる可能性もあります。2017年10月2日に信託報酬(年率)を税抜0.23%(税込0.2484)から税抜0.22%(税込0.2376%)に引き下げています。

『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』も初年度は実質コストが高めに出る可能性があります。こちらも2017年11月10日に信託報酬を税抜0.22%(税込0.2376%)から税抜0.21%(税込0.2268%)に引き下げています。




関連記事
NISA iDeCo シンプルに投資信託一本で行くなら 定番のバランス型投信を選ぶ時のポイントは?
「つみたてNISA」投資信託が多すぎて選べない?バランス投信の4、6、8資産均等型の特徴を比較
8資産均等型バランス投信のリターンとリスクを全世界株式と比較
世界経済インデックスファンドより好成績?つみたてNISA対象『ダイワ・ライフ・バランス』8資産均等型とも比較
世界経済インデックスファンドより好成績?つみたてNISA対象『DCニッセイワールドセレクトファンド』8資産均等型とも比較
『ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式/リート/債券)』を8資産均等型や世界経済IFと比較
新設定『<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(6資産均等型)』を8資産均等型や世界経済IF等と比較
バランスファンドの成績は物足りない?トランプ相場前を振り返ってみる NISAにはデメリットも
低コストなeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)だけどバランス投信にも運用成果を求めるなら?
新興国を含むeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)よりも低リスクなバランス投信が好みなら?

楽天Koboはじめての人のための3000円投資生活【電子書籍】[ 横山光昭 ]
Amazon Kindleラクして増やそう!バラつみ投資 やさしい投資の答えはバランスファンド✕つみたて!【電子書籍】[ カン・チュンド ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログのリンク集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログのリンク集
ブログ村 資産運用
資産運用が話題のブログのリンク集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

0 件のコメント