SBI証券iDeCo「先進国株式インデックスファンド」比較 ニッセイ、EXE-i、iFree NYダウほか

SBI証券iDeCo 先進国株式インデックスファンド比較

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ

SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)で投資可能な先進国株式インデックスファンドについて、その特徴と運用実績を比較してみました。

SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)の除外予定ファンドが発表 新しい商品ラインナップと信託報酬は?

比較の対象は除外されなかった『DCニッセイ外国株式インデックス』、『DC外国株式インデックスファンド』、『EXE-i 先進国株式ファンド』、『EXE-i グローバル中小型株式ファンド』、『iFree NYダウ・インデックス』です。


過去記事の更新
『楽天・全世界株式インデックス・ファンド』の出足の成績は?競合する全世界株式投信と比較(EXE-i つみたて、eMAXIS Slim、野村ほか)

eMAXIS Slim 先進国、国内、新興国株式の組み合わせを楽天やEXE-iつみたて等の全世界株式と比較




DCニッセイ外国株式ほか特徴

組入上位5ヵ国 2018年7月末月報より

DCニッセイ外国株式インデックス』や『DC外国株式インデックスファンド』など一般的な先進国株式インデックスファンドのベンチマークは「MSCI コクサイ・インデックス」(円換算)です。

同指数は北米、欧州、アジア・オセアニア、中東の22か国1,321銘柄で構成されています(2017年7月末現在)。

DCニッセイ外国株式インデックス 組入上位10業種と組入上位10銘柄
2018年7月末月報より

EXE-i 先進国株式ファンド』の参考指標は「FTSE カイガイ・インデックス」(円換算)ですが、参考指標に対して一定の運用成果をめざすものではなく、かい離する場合があります。

基本投資割合は米国株式60%:欧州株式30%:アジア・太平洋地域(除く日本)株式10%です。3つのETFを通じて3,940銘柄に投資しています(2018年3月末及び4月末現在)。

EXE-i 先進国株式ファンド 組入上位5業種と組入上位5銘柄
2018年7月末月報より

EXE-i グローバル中小型株式ファンド』の参考指標は「FTSEグローバル スモール・キャップ インデックス」(円換算ベース)ですが、参考指標に対して一定の運用成果をめざすものではなく、かい離する場合があります。

基本投資割合は米国の中小型株60%:米国以外の中小型株40%です(日本や新興国も含みます)。2つのETFを通じて5,346銘柄に投資しています(2018年3月末及び4月末現在)。

EXE-i グローバル中小型株式ファンド 組入上位5業種と組入上位5銘柄
2018年7月末月報より

iFree NYダウ・インデックス』は、米国を代表する主要30銘柄を対象とした「ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ)」(円換算ベース)に連動する投資成果をめざします。

iFree NYダウ・インデックス 業種別構成比と組入上位10銘柄
2018年7月末月報より

今回取り上げる投資信託は原則として為替ヘッジを行いません。信託期間はすべて無期限です。


DCニッセイ外国株式ほか費用

DCニッセイ外国株式インデックス、DC外国株式インデックスファンド、EXE-i 先進国株式ファンド、EXE-i グローバル中小型株式ファンド、iFree NYダウ・インデックスの運用管理費用

ニッセイアセットマネジメントの『<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド』が運用管理費用(信託報酬)の引き下げを発表しています。

マザーファンドを共有する『DCニッセイ外国株式インデックス』も同水準(年率で税込0.11772%)の引き下げを期待しています。


DCニッセイ外国株式ほか成績比較

DCニッセイ外国株式インデックス、DC外国株式インデックスファンド、EXE-i 先進国株式ファンド、EXE-i グローバル中小型株式ファンド、iFree NYダウ・インデックスの運用実績
2018年8月10日現在
過去の実績は将来の成績を保証するものではありません

上記の期間ではいずれも良好な成績ですが、米国の長期金利上昇や貿易摩擦激化懸念もあり先行きは不透明です。

株式市場が軟調になってもコツコツ積立投資を続けられるよう、預貯金や個人向け国債など安全資産をしっかり確保しておきたいですね。


まとめ

SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)で先進国株式インデックスファンドを選ぶなら、運用管理費用の廉価な『DCニッセイ外国株式インデックス』がまず選択肢に入るでしょうか。

銘柄の分散を重視するなら『EXE-i 先進国株式ファンド』や『EXE-i グローバル中小型株式ファンド』も面白い選択肢かもしれません。

NISAなどで先進国株式インデックスファンドにすでに投資していて、プラスアルファとして米国の優良企業への投資割合を増やしたいなら『iFree NYダウ・インデックス』が有用でしょうね。


こぼれ話
SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)はインデックスファンドだけでなくアクティブファンドも複数そろえた充実した商品ラインナップが特長です。


SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)の除外予定ファンドが発表 新しい商品ラインナップと信託報酬は?




関連記事
NISA iDeCo シンプルに投資信託一本で行くなら 先進国株式インデックス投信で攻める?

確定拠出年金専用『ひふみ年金』をジェイリバイブ<DC年金>、iFree NYダウ等と比較

「eMAXIS Slim」シリーズが利用できる松井証券のiDeCoの主要な投資信託の信託報酬と運用実績は?SBI証券と比較

Home

楽天Koboお金は寝かせて増やしなさい【電子書籍】[ 水瀬ケンイチ ]

Amazon Kindle貯金ゼロ・知識ゼロ・忍耐力ゼロからのとってもやさしいお金のふやし方【電子書籍】[ 竹川美奈子 ]

ブログ村 投資信託
投資信託が話題のブログ集
ブログ村 インデックス投資
インデックス投資が話題のブログ集
ブログ村 資産運用(投資)
資産運用(投資)が話題のブログ集
NISA 人気ブログランキング
NISAが話題のブログ人気ランキング

0 件のコメント